FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4011。収録語録数22143(2021年1月3日現在)

諏内えみ語録

諏内えみの名言・語録8件
(マナー講師)


「『育ち』は、変えられます。変えていいのです」


「『育ち』は、自分でつくるものなのですから」


「『育ち』とは、その方の佇まいのこと。所作やふるまいを、知っているかいないかだけのこと。さらに言えば、『知ろうとしているか、いないか』だけの差にすぎないのです」


「『育ちの良さ』は、良い家に生まれ、そこでしつけられない限り、知ることも、身につけることもできないと多くの方が思い込んでいます。しかし、知ることさえできれば、どなたにでも身につけていただけます」


「『育ちの良さ』とは、一度身につけたら失うことのない一生の財産です。『育ちの良さ』とは、美しさを凌ぐ一生の武器となります」


「レストランや結婚式など、フォーマルな場ではハンドバッグを持つことが女性のたしなみです。ヨーロッパの王室や日本の皇室の女性たちの装いを見ても、公式の場では常に小さなバッグをお持ちになっていることがわかります」


「ホテルマンは、時計や靴でお客様のランクを判断すると言われていますね。実際、私がインタビューした何名かのホテルマンも同様のお答えでした。チェックイン時には、きちんとジャケットくらいは羽織っていたいものですね」


「ナイフを置くときは、刃は必ず内側に向けます。ヨーロッパではナイフの刃を外側に向けるのは、何よりも失礼に取られます。また、食事が終わったあとはフォークを仰向けにするなど、基本的なことをわかっていない方も意外と多いので、基本マナーはしっかり心得ておきましょう」


【出典】
『「育ちがいい人」だけが知っていること』


【感想・論評・補足】
育ちの良さは変えられる。知ることが出来れば、身につけることが出来る。なんと勇気づけられる言葉であろう


経歴(プロフィール)
■諏内えみ(すない・えみ)
「マナースクール ライビウム」代表。上場企業トップ陣のメディアトレーニングや、VIPアテンダント養成などの指導を経て、「マナースクール ライビウム」を設立した
  1. 2021/01/15(金) 21:43:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ