名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3952録語録数21637(2018年4月6日現在)

松下正治語録

松下正治語録6件
(パナソニック2代目社長)


「私は長年、幸之助の身近で仕事をしてきましたが、幸之助は、いつも心の奥底から『お客様大事』を思い、率先して態度で示しておりました」


「幸之助のお客様に対する感謝の念と心遣いは、終生変わらず徹底していました。このように私たちは、幸之助から無言の躾、教育を受けてきました」


「幸之助が仕事をするときは、いつも全身全霊を傾け、そのことに集中していました。私が傍らで見てきた50年間、幸之助はどんな些細な仕事に対しても真剣に取り組み、この姿勢は、終生変わることがありませんでした」


「戦前、幸之助が、私と2人で話しているとき、『自分は、これといった趣味はないが、年をとって仕事から引退したら、人間というもの、人間社会というものについて研究をしてみたい。それを楽しみにしている』と何度か言っていたことを思い出します」


「事業部制の歴史は、1920年代、アメリカで始まったと言われていますが、日本で初めて事業部制を採用したのは松下電器です」


「当たり前すぎるほど当たり前のことですが、不良品は一品たりとも出すことは許されません。メーカーとしてはたとえ何百万台のうちのたった一台、率にして0.0001%の不良品であったとしても、お客様にとってはその一台がすべてであり、100%の不良品ということになります」


※出典『経営の心 松下幸之助とともに50年』


経歴(プロフィール)
■松下正治(まつした・まさはる)
【1912年~2012年】日本の経営者。現パナソニック2代目社長。松下幸之助の娘婿。東京府出身。東京帝国大学卒業後、三井銀行入行。 松下幸之助の娘・松下幸子と結婚し、松下電器産業(現・パナソニック)に入社。1961年、社長に就任
  1. 2018/02/27(火) 22:38:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上甲晃語録

上甲晃語録12件
(青年塾創設者)


「伝記作家の小島直記先生は私の師ともいえる方です。かつて松下政経塾の敷地内にあった職員住宅の私の家の隣に住んでいただいて、大変親しくご指導いただきました」


「『志の第一歩は、人生のテーマを持つことだ』と教えていただいたのは、伝記作家の小島直記先生」


「私の人生のテーマは、『次代を担う青年を育てること』である」


「野心、野望と志はどこが違うのか。私は、野心、野望とはおのれの利益を大きくする心だと考えています。金儲けをしたい、有名になりたい、地位、立場が欲しい」


「それに対して志とは、みんなの利益を大きくしたいという気持ちです」


「志とは自分だけの利益を追い求める野望、野心を超えて、みんなの利益を追い求める心です」


「松下幸之助の奥さんは淡路島出身で、私の妻と一緒です。もう一つ共通点があります。松下幸之助が最初に創業したのは大阪の生野区。極めて庶民的な町ですが、私が生まれたのがその生野区です」


「松下政経塾の教育には、自修自得に加えてもう一つ基本方針がありました。それは『万事研修』です。自分で何かを掴み取ろうと思って努力すれば、すべてが勉強になるという意味です」


「自修自得と万事研修、これが松下政経塾の人づくりです」


「松下電器では新入社員のときから、『立場は一社員であっても意識は社長であれ』と教えられました」


「好きな人と結婚することも大事ですけれども、もっと大事なのは、結婚した人を好きになる努力をすることです」


「道徳の第一歩は人に迷惑をかけないこと、そしてその次に他人に対する思いやりの心を持つことです」


出典『志を教える 松下幸之助の人づくり』


経歴(プロフィール)
■上甲晃(じょうこう・あきら)
志ネットワーク社・青年塾の創設者。松下政経塾塾頭・副塾長歴任。1941年生まれ。大阪府出身
  1. 2018/02/25(日) 20:24:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高木美帆語録

高木美帆(スケート)語録5件


「悔しくて、情けないという思い。何回泣いたか覚えていない」
注釈:ソチ五輪代表選考会。代表から落選して


「人生かけなければ、オリンピックで勝てない」


「逃げ出したくなる時こそ、前向きに」


「ここまで来ることができた自分に自信を持っていきたい」


「優勝はチーム全員の力がないと成し遂げられなかった。感無量です」
注釈:2018年、平昌五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで金メダル


経歴(プロフィール)
■高木美帆(たかぎ・みほ)
日本のスピードスケート選手。2018年、平昌オリンピックのスピードスケート女子1500mにて銀メダル獲得。平昌オリンピックのスピードスケート女子1000mにて銅メダル獲得。平昌オリンピックのスピードスケート女子団体追い抜きで金メダルを獲得。姉もスピードスケーターの高木菜那。1994年5月22日生まれ。北海道中川郡幕別町出身。幕別町立札内中学校、北海道帯広南商業高等学校、日本体育大学体育学部体育学科卒業。両親と兄・姉の5人家族で、兄・姉もスピードスケート選手である。兄や姉の影響で5歳からスケートを始める
  1. 2018/02/21(水) 23:54:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

佐藤綾乃語録

佐藤綾乃(スケート)語録4件


「平昌オリンピック選考会終わりました。3000m、チームパシュート、マススタートの代表に選ばれました!」


「平昌オリンピック3000m終わりました!自己ベスト更新、8位入賞という自分自身としては好成績を出すことができました!みなさん応援ありがとうございました」


「この先、チームパシュート、マススタートがありますので、引き続き応援よろしくお願いします!」


「先輩たちのおかげで金メダルがとれた。感謝でいっぱい」
注釈:2018年、平昌五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで金メダル


経歴(プロフィール)
■佐藤綾乃(さとう・あやの)
日本のスピードスケート選手。2018年の平昌冬季五輪、スピードスケート女子団体追い抜きで金メダル。身長157cm。1996年12月10日生まれ。北海道厚岸郡厚岸町にて出生。小学校1年生の時からスピードスケートを始め、小学校、中学校と進みながら熱心に取り組む。高校卒業後、2015年、高崎健康福祉大学人間発達学部子ども教育学科に進学
  1. 2018/02/21(水) 23:02:02|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高木菜那語録

高木菜那(スケート)語録4件


「へこんでいる場合でない」


「情けないレースをしてしまった。スピードに乗り切れず、気持ちが切れてしまった」


「今はへこんでいる場合ではない。自分のせいでメダルが取れないのはいやだし、気持ちを作り直したい」


「コーチに楽しんでこいと言われたので、自分の滑りに集中できた」
注釈:2018年、平昌五輪のスピードスケート女子団体追い抜きで金メダル


経歴(プロフィール)
■高木菜那(たかぎ・なな)
日本のスピードスケート選手。ソチおよび平昌冬季オリンピック日本代表選手。平昌冬季五輪、スピードスケート女子団体追い抜きで金メダル。身長155cm。スリーサイズ。血液型。妹もスピードスケート選手でバンクーバーおよび平昌オリンピック日本代表の高木美帆。1992年7月2日生まれ。北海道中川郡幕別町札内北町出身。兄の影響でスケートを始めて、札内北小学校入学後にKSCスケートクラブに入る。2003年、幕別町ジュニアスポーツ奨励賞を受賞
  1. 2018/02/21(水) 22:53:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ