FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

岩崎弥太郎(三菱財閥創始者)語録集(教育編)

岩崎弥太郎(三菱財閥創始者)語録集(教育編)全3件




機会は魚のくるのと同じである
「魚は招いて来るものではなく、来るときに向こうから勝手にやって来るものである。だから、魚を獲ろうと思えば、常日頃からちゃんと網の用意をしておかねばならない。人生すべての機会を補足するにも同じことがいえる」



「武士を捨てて商人になりきるのだ」
注釈:当初、三菱商会には旧土佐藩士が多く、それぞれがまだ武士の誇りを捨て切れずにいた。弥太郎は袴の着用を禁じ、前垂れをかけさせ、お客を神様のように丁重に扱うよう全員に諭した。



「得意先の番頭や小僧に頭を下げると思うから悔しくなるのだ。今後はこの扇子を開き、小判に頭を下げると思ってやるがいい」
注釈:士族のプライドを捨てられない者が得意先まわりをすると、頭を下げるのが苦手で苦痛を覚え、時には悔し涙を流す。そんな時、弥太郎は一枚の小判を張りつけた扇子を与えてこのように諭した。


関連サイト
岩崎弥太郎の知られざる逸話
http://bit.ly/z5nMzi

岩崎弥太郎語録他
経営編 http://bit.ly/rngA6X


岩崎弥太郎(いわさきやたろう)経歴(プロフィール)
1834年~1885年(天保5年~明治18年)三菱財閥創始者。土佐(高知県)生まれ。開成長崎商会、九十九(つくも)商会を経て、明治6年三菱商会を設立し海運業に乗り出す。明治7年郵船汽船三菱会社と改称し、国内最大の海運会社となる。明治16年三井系の共同運輸会社と熾烈なる競争を繰り広げて三井財閥と対抗。51歳で他界するが、郵船汽船三菱会社は長男久弥らの手で三菱財閥へと発展した。
スポンサーサイト



  1. 2011/10/21(金) 20:02:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<坂本龍馬(幕末の志士)語録 | ホーム | 平岩外四(東京電力元社長)語録(読書編)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/99-87dc5e4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)