名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3892。収録語録数20790(2017年4月27日現在)

山本周五郎語録

山本周五郎語録全9件



「人間の真価は、彼が死んだ時、何を為したかではなく、何を為そうとしたかである」


「読書、なかんずく小説を読む喜びは、もうひとつの人生を経験することができる、という点にある」


「どんなに重大だと思うことも、時が経ってみるとそれほどではなくなるものです」


「勤労の裏づけのない富は人間を誤る」


「人の一生は曲がり角だらけだ」


「あやまちを犯す人間は、たいてい責任を人になすりつけるものだ」


「この世で生きてゆくということは、損得勘定じゃあない。短い一生なんだ。自分の生きたいように生きるほうがいい」


「夢のゆきついたところに結婚があるのではなくて、結婚から夢の実現がはじまるのです」


「この人生には、無数の教訓がちりばめられている。しかし、どの1つをとってみても、万人にあてはまるものはない」


関連サイト
作家(日本)語録集 
http://bit.ly/RC9JWI


山本周五郎(やまもとしゅうごろう)経歴(プロフィール)
【1903年(明治36年)~1967年(昭和42年)】日本の小説家。山梨県生まれ。小学校卒業後、東京の山本周五郎商店に徒弟として住み込む。大正15年『須磨寺附近』が『文藝春秋』に掲載され、文豪出世作となった。主な作品『赤ひげ診療譚』『日本婦道記』『樅ノ木は残った』『青べか物語』『栄花物語』など。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/24(水) 22:19:01|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<スコット・マクネリ語録 | ホーム | 吉田沙保里語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/963-13710aa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)