名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3892。収録語録数20798(2017年5月1日現在)

谷崎潤一郎語録

谷崎潤一郎語録全5件



「我という人の心はただひとり、われより外に知る人はなし」


「恋というのは一つの芝居なんだから、筋を考えなきゃだめだよ」


「文章に実用的と芸術的との区別なし」


「意地の悪い人間は、その意地悪さを発揮する相手がいないと淋しいに違いない」


「物と物のあいだにできる影にこそ、美がある」
注釈:『陰翳礼讃』


関連サイト
作家(日本)語録集 
http://bit.ly/RC9JWI


谷崎潤一郎(たにざきじゅんいちろう)経歴(プロフィール)
【1886年(明治19年)~1965年(昭和40年)】日本の小説家。東京・日本橋生まれ。東大国文科中退。在学中より創作を始め、同人雑誌「新思潮」(第二次)を創刊。同誌に発表した「刺青」などの作品が高く評価され作家に。当初は西欧的なスタイルを好んだが、関東大震災を機に関西へ移り住んだこともあって、次第に純日本的なものへの指向を強め、伝統的な日本語による美しい文体を確率するに至る。文化勲章受章。主な作品「細雪」「卍(まんじ)」「痴人の愛」「春琴抄」など。
スポンサーサイト
  1. 2012/10/23(火) 21:45:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<宇佐美洵語録 | ホーム | ジョン・C・マクスウェル語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/957-91e46a22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)