FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

ジョン・C・マクスウェル語録

ジョン・C・マクスウェル語録全28件



「あきらめてしまった人は暗闇に満ちた過ちと、最悪の失敗と、深い後悔に支配される。成功したいなら最上の思考と、強い情熱と、大いなる楽観主義と、そして誇らしい経験を頼みにすることだ」


「自分自身を見出すことが人間の義務である」


「失敗は教師であるべきであって、葬儀屋であるべきではない。失敗は遅れであって、敗北ではない。失敗は一時的な遠回りであって、行き止まりではない」


「明日の成功の最大の敵は、今日の成功である」


「人生を変えたければ、日常の行いを見直すことだ。成功の鍵は日々の日課の中にある」


「チャンスをつかむ絶好の日は、今日である」


「チャンスは幸運ではなく、勇気の成果である」


「人生はタクシーに乗っているようなものだ。走ろうが止まろうがメーターは上がりつづける」


「すべての信号が青に変わるのをじっと待っていては、いつまでたっても前に進むことは出来ません」


「もう前に進まなくてもいいと思ったとたんに、後退が始まる」


「一心不乱の努力の前に、道はひらける」


「やりがいのある偉業には、どれも値札がついているものだ。問題は、それを成し遂げるために、努力、犠牲、根気、誠実、忍耐といったもので、進んで支払う気持ちを持っているかどうかである」


「何があっても、絶対に、絶対に、絶対に、あきらめてはいけない」


「自分のやっていることを心から楽しまなければ、真の成功はあり得ない」


「頂上へ連れていってくれるエレベーターなどないということです。成功の頂上へ辿り着きたいなら、長い階段を自分の足で一歩ずつ上っていくしかありません。何歩くらいなら歩けると思うか。そして、どの程度の時間なら登り続けてもいいと思うかによって、どこまで高く登れるかが決まるのです」


「わたしは37年間、毎日14時間も練習を積んできて、いまようやく天才と呼ばれるようになった」


「成功とは、継続的なものである。成功とは、すなわち成長と発展なのだ。ひとつのことを成し遂げ、さらに別のことを成し遂げるために、それを踏み石として使うことなのである」


「過去のどの時間より、輝きを放つ未来を作る。これ以上、今日に何を求めることがあるだろう」


「成長するためには、長い間やってきたことをやめなければならない」


「人生は本番前のリハーサルではありません。常にベストを尽くさなければ、二度とチャンスはないのです」


「男女を問わず、歴史に名を残した偉人たちは、多くのものを所有していたり、大金を稼いだりしたから偉大だったのではありません。安全性を捨てても、偉業を成し遂げることに、人生を賭けたからこそ偉大なのです」


「可能性は消耗してしまうのである。可能性を増やしたければ、できるだけ潜在能力を活用することだ」


「一般的に人は自分が人生に期待しているものを手にするものです。最悪のことを考えていると、それしか手に入りません」


「若者は未来に生きる。年老いた者は過去に生きる。賢い者は現在に生きる」


「勝ちたいと思わなければ、勝者にはなれない。チャンピオンは『肉体』ではなく、『精神』によってつくり上げられるのだ」


「自分にはチャンスがめぐってこないと思っている人が多いが、実際はチャンスがめぐってきても、捕まえる準備ができていなかっただけのことだ」


「どんな天才も、本領を発揮できるようになるまでには、気の遠くなるような練習を積み重ねている」


「一生懸命に努力しない人が、どんどん腕を上げ、才能を開花させることなどあり得ない」


関連サイト
創業者(世界)語録集
http://bit.ly/OLuqA4


ジョン・C・マクスウェル経歴(プロフィール)
「インジョイ・グループ」の創設者でリーダーシップの世界的権威。「世界一のメンター」と称されるアメリカの著述家・講演家・牧師。企業や組織のリーダー育成の他、ビジネスマンの能力開発などを手掛ける人物。著書の累計販売数は1600万冊を超えるベストセラー作家でもある。1947年生まれ。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/23(火) 21:09:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<谷崎潤一郎語録 | ホーム | 志賀直哉語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/956-b966c25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)