名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3892。収録語録数20790(2017年4月27日現在)

松本清張語録

松本清張(作家)語録5件


「作家になるには、24時間、机の前に座っていられる性格であればいい」


「人間には、先入観が気づかぬうちに働きまして、そんなことはわかりきったことだと素通りすることがあります。これが怖いのです」


「疑問のところをとらえて、それを深く突っ込む。だから調べていく。探索していく。これがまた、自分の好奇心を満足させるわけです」


「この世では到底思いのかなわぬ高嶺の花 。この隔たりこそ、切ないまでのあこがれをかきたてる要因である」


「これまで世に出た汚職事件は、彼らにとっては不幸にしてたまたま暴露された氷山の一角である。事件にならずに、或いは陽の目を見ずに済んだ汚職は、表に出たものの何十陪か分からない」
出典『日本の黒い霧』


関連サイト
作家(日本)語録集 
http://bit.ly/RC9JWI


経歴(プロフィール)
■松本清張(まつもと・せいちょう)
【1909年(明治42年)~1992年(平成4年)】日本の小説家。福岡県出身。1953年に『或る「小倉日記」伝』で芥川賞を受賞。56年、それまで勤めていた朝日新聞社広告部を退職し、作家生活に入る。63年、『日本の黒い霧』などの業績により日本ジャーナリスト会議賞受賞。70年菊池寛賞、90年、朝日賞受賞。『火の路』『点と線』』『昭和史発掘』など著作多数
スポンサーサイト
  1. 2012/10/18(木) 06:20:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<島崎藤村語録 | ホーム | 作家(日本)語録集>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/927-1aff62ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)