FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

アドルフ・ヒトラー語録

アドルフ・ヒトラー語録全30件



「わたしは間違っているが、世間はもっと間違っている」


「民衆がものを考えないということは、支配者にとっては実に幸運なことだ」


「大衆は小さな嘘より、大きな嘘の犠牲になりやすい」


「嘘を大声で、充分に時間を費やして語れば、人はそれを信じるようになる」


「熱狂した大衆だけが、操縦可能である」


「政策実現の道具とするため、私は大衆を熱狂させるのだ」


「女は弱い男を支配するよりも、強い男に支配されたがる」


「天才の一瞬の閃きは、凡人の一生に勝る」


「平和は剣によってのみ守られる」


「退路を自ら断つとき、人はより容易に、より果敢に戦う」


「人種堕落の時代において、自国の最善の人種的要素の保護に専心した国家は、いつか地上の支配者となるに違いない」


「賢い勝利者は、可能な限り、自分の要求を幾度も分割して敗北者に課するだろう」


「神は臆病な民族を原則として自由にして下さらぬ」


「並外れた天才は、凡人に対して配慮する必要はない」


「歴史は、王侯が感謝するのは例外的な場合だけであることを実証している」


「弱者に従って行くよりも、強者に引っ張って行ってもらいたい…大衆とはそのように怠惰で無責任な存在である」


「大衆の多くは無知で、愚かである」


「本当の卑怯者には、死よりも恐れるものがないのだ」


「世界を革新しようとする運動は瞬間にではなく、未来に奉仕するものである」


「圧制はただ圧制によってのみ、そしてテロはただテロによってのみ破ることができる」


「今日では金が唯一の人生の尺度になったかのようだ。しかし再び人が気高き神に頭を垂れる時が来るだろう」


「政策とは今作られつつある歴史のことだ」


「道路掃除夫としてドイツ国の市民であるほうが、他国の王であるよりも、もっと大きな名誉であらねばならない」


「教育の最後の仕上げは軍隊ですべきである」


「私は『説得』よって、全てを作り出した」


「民族が高潔かどうかの決定を人間が下すことは難しい。それは神に任せられるべきだ」


「私の意思こそが、全てを決定する」


「発明者は発明がなされた日にはじめて、かれの名声を確実にするとはいっても、だが独創力そのものもまた、そのときになってはじめてその人間の中にはいり込んだなどと考えるのは誤りである」
注釈:独創力や閃きは天分のある人間の頭脳に生まれた時から存在している。教え込まれたり習得されたりするものではないとヒッタラーは考える。


「愛国心なき軍隊は永久に警察たるにとどまり、敵前で戦闘をする軍隊ではなくなる」


「自己をあらゆる武器で守ろうとしない制度は、事実上自己を放棄している」


関連サイト
政治家(世界)語録集
http://bit.ly/QCPU4m


アドルフ・ヒトラー経歴(プロフィール)
【1889年~1945年】ドイツの政治家。オーストリア出身。1934年に国民投票で89%の国民の支持を受け、国家元首となる。その専制的な国内政策と領土への野心を懸念され、1939年にイギリスとフランスから宣戦布告を受け、第2次世界大戦が勃発する。初戦は順調であったが、ソ連侵攻失敗などで徐々に追い詰められ、1945年に拳銃自殺。ユダヤ人へのホロコースト(民族虐殺)をはじめ、数々の犯罪行為を行ったことでも知られる。
スポンサーサイト



  1. 2012/10/13(土) 21:05:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<山中伸弥語録 | ホーム | トーマス・カーライル語録>>

コメント

確かに彼はやや過激ではありましたが、
彼の言葉には多く、真理が隠れているようにも思えます。
まぁ、それが真理であるかどうかは誰にも測るにたりないのですが。

特に本項最後の自己の放棄に関しては深く共感します。
攻撃的な他者への依存は己の自由を安息と引き換えているようなものです。
これは現在のわが国にも当てはまるのではないでしょうか。
  1. 2013/08/18(日) 12:05:22 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

Re: そうですね。

西アフリカの格言に「大きな棍棒を携え、穏やかに話せば、成功するだろう」というのがあります。米国のセオドア・ルーズベルトがこの言葉を好み、実際に軍事力を背景に外交を展開しました。やはり非武装中立では国は守れませんし、外交もできませんね。田宮


> 確かに彼はやや過激ではありましたが、
> 彼の言葉には多く、真理が隠れているようにも思えます。
> まぁ、それが真理であるかどうかは誰にも測るにたりないのですが。
>
> 特に本項最後の自己の放棄に関しては深く共感します。
> 攻撃的な他者への依存は己の自由を安息と引き換えているようなものです。
> これは現在のわが国にも当てはまるのではないでしょうか。
  1. 2013/08/20(火) 06:55:05 |
  2. URL |
  3. 田宮偉人列伝 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/912-9d6a3961
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)