FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

シェイクスピア語録

ウィリアム・シェイクスピア語録全44件



「不幸をいやす薬、それはただもう希望以外にはありません」


「全世界は舞台だ。そして、すべての男も女もその役者にすぎない」


「正直であろうとするのは、言ってみれば、一万人にひとりの人間になることだ」


「備えよ。たとえ今ではなくとも、チャンスはいつかやって来る」


「終焉の日は音を立てずにやってくる」


「安心、それが人間の最も身近にいる敵である」


「険しい山に登るには、最初からゆっくりと歩くことが必要だ」


「不安な心には、茂みが熊に見えてしまうのです」


「人生は動く影である。所詮は、三文役者。いろいろな悲喜劇に出演し、出番が終われば消えるだけ」


「運命とは、最もふさわしい場所へと、貴方の魂を運ぶのだ」


「どん底に落ちて、運命の女神から棄てられ、最後の境涯に沈めば、あるのは希望だけで、恐怖なんか消えてしまうのだ」


「成し遂げんとした志をただ一回の敗北によって捨ててはいけない」


「終わり良ければすべてよし」


「神は我々を人間にするために、何らかの欠点を与える」


「人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、 悲しみを和らげられる」


「楽しんでやる苦労は、苦痛を癒すものだ」


「人間一度しか死ぬことはできない」


「人生はただ歩き回る影法師、哀れな役者だ。 出場の時だけ舞台の上で、見栄をきったりわめいたり、 そしてあとは消えてなくなる」


「友情は不変といってよいが色と恋が絡めば話は別になる」


「雄弁が役に立たないときにも、純粋な、無邪気な沈黙が、かえって相手を説得することがある」


「求めて得られる愛は素晴らしい。でも求めることなく与えられる愛はもっといい」


「愚かな知恵者になるよりも、利口な馬鹿になりなさい」


「愚者は己が賢いと考えるが、賢者は己が愚かなことを知っている」


「われわれの人生は織り糸で織られているが、良い糸も悪い糸も混じっている」


「過去と未来は最高のものに見える。現在の事柄は最高に悪く見える」


「あまりしつこくつきまとわれる愛は、ときに面倒になる。 それでもありがたいとは思うがね」


「貧乏でも満足している人間は金持ち、それも非常に金持ちです。しかし、大金を持っている人でも、いつ貧乏になるかと恐れている人間は、冬枯れのようなものです」


「世の中には幸も不幸もない。ただ、考え方でどうにもなるのだ」


「誰の言葉にも耳をかたむけろ。誰のためにも口を開くな」


「本を読んでも、物語や歴史に聞くところからでも、 真実の恋は滑らかに運んだためしがない」


「逆境が人に与えるものこそ美しいではないか。それはガマガエルに似て醜く、毒を含んでいるが、その頭の中には宝石をはらんでいる」


「いちばん賤しい者となり、いちばんひどい逆境に沈んでいる者は、常に望みを持ちなさい。怯えることはない。最上の幸福から零落することは悲しむべきだが、不運のどん底に沈むと、また浮かび上がって笑うことにもなる」


「金は借りてもならず、貸してもならない。 貸せば金を失うし、友も失う。 借りれば倹約が馬鹿らしくなる」


「お前たちもみな知っているように、慢心は人間最大の敵だ。運命をはねつけ、死を嘲り、野望のみを抱き、知恵も恩恵も恐怖も忘れてしまう」


「臆病者は本当に死ぬまでに幾度も死ぬが、 勇者は一度しか死を経験しない」


「悪事によって得たものは、悪事の報復を受ける」


「君、時というものは、 それぞれの人間によって、 それぞれの速さで走るものなのだよ」


「偉人には三種類ある。生まれたときから偉大な人、努力して偉人になった人、偉大な人間になることを強いられた人」


「今が最悪の状態と言える間は、 まだ最悪の状態ではない」


「過去の弁解をすると、その過失を目立たせる」


「他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、心の傷は癒されなくても、気は楽になる」


「天は自ら行動しない者に救いの手を差し伸べない」


「全世界は一つの舞台であり、すべての男と女はその役者にすぎない。彼らは退場があり入場があり、ひとりの人間が一度の登場で多くの役を演じる」


「人の成すことには潮時というものがある。うまく満ち潮に乗れば成功するが、その機を逃すと一生の航海が不幸災厄ばかりの浅瀬につかまってしまう」


関連サイト
作家(世界)語録集
http://bit.ly/R7jUVH


ウィリアム・シェイクスピア経歴(プロフィール)
【1564年~1616年】16世紀のイギリス(イングランド)の劇作家、詩人であり、エリザベス朝演劇を代表する人物。四大悲劇「ハムレット」、「マクベス」、「オセロ」、「リア王」をはじめ、「ロミオとジュリエット」、「ヴェニスの商人」、「夏の夜の夢」、「ジュリアス・シーザー」など多くの傑作を残した。イングランド出身。
スポンサーサイト



  1. 2012/09/27(木) 05:38:21|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小沢一郎語録 | ホーム | 東国原英夫語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/886-a8de8705
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)