名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20310(2017年1月20日現在)

ウッドロウ・ウィルソン語録

ウッドロウ・ウィルソン語録全20件



「次の心得を守れば十中八九、誰でも成功する。自信を持つこと。そして仕事に全力を尽くすことだ」


「主として私が興味を持つのも、私をわずらわせるのも人間ではなく理想なのだ。理想は生きるが人間は死ぬ」


「世界は民主主義が存在できる環境でなければならない。世界平和は、信頼に値する政治的自由という礎の上に植えつけなければならないのだ」
注釈:『第一次世界大戦参戦を求める議会演説(1917年4月2日)』。参戦に向けて議会を説得するウィルソンの演説。アメリカが調停役となってヨーロッパ列強の戦いをおさめ、アメリカ主導の国際機構を設立したいと考えていたウィルソンだが、1917年2月、ドイツが潜水艦による無差別攻撃を始めると、世界を民主主義で平和にすることを掲げて参戦を表明した。


「アメリカは、砂に頭を突っ込んだダチョウにはなれない」
注釈:『デモインでのスピーチ(1916年2月1日/アイオワ州)』世界におけるアメリカの力は、もはや他国の状況を見過ごせないほど強大なものになっていた。そのことを認識すべきだとウィルソンは主張した。


「運命の中に偶然はない。人間はある運命に出会う前に、自分がそれをつくっている」


「いつの日にか敗れるような主張で勝つよりは、いつか必ず勝つような主張で敗れる方がよい」


「空腹では、隣人は愛せない」


「たとえ30分でも著者に会って話しが聞けるなら、本などゼッタイ読まないね」


「子供は、存在を認められて育つと、自分が好きになる」


「民衆は上からではなく、下から更新される。無名の人達の中から出現する天才こそ、人民の若さと勢力を更新する天才だ」


「一つの冷静な判断は性急な千の会議にまさる」


「知ったあとに学び、学んだあとに、出来るようになることが大切なのだ」


「私が今までに出会った保守的な人々とは、大学を卒業した連中である」


「熱中する心がなければ、この世に進歩はありえない」


「理解は、あらゆる友情の果実を育成させる土壌であるに違いない」


「私は自分の頭はもちろん、他人の頭も総動員する」


「友情は世界を一つにする唯一の結合である」


「私は民主主義とは、すべての人間のエネルギーを放出するためのものだと信じている」


「世の中には、確かに、自分より恵まれている人は大勢います。しかし、自分より恵まれていない人も大勢いるのです。この事実のどちらに目を向けるか、それは、わたしたち次第なのです」


「批判ばかり受けて育った子は批判ばかりします。ひやかしを受けて育った子ははにかみ屋になります。心が寛大な人の中で育った子はがまん強くなります。ほめられる中で育った子はいつも感謝することをしります」


関連サイト
歴代アメリカ大統領語録一覧
http://bit.ly/OKsvi9


トーマス・ウッドロウ・ウィルソン(プロフィール)
【1856年~1924年】アメリカ合衆国第28代大統領(在任1913年3月4日~1921年3月4日)。バージニア州スタントンの長老派牧師の家に生まれる。1873年デイビッドソン大学に入学するが、現・プリンストン大学へ編入し歴史と政治学を学ぶ。卒業後、バージニア大学で1年間法律を学ぶ。その後、ジョンズ・ホプキンス大学で政治学の博士号を取得。1890年に母校プリンストン大学の教授となる。1902年に学長に就任。1910年に辞任すると、ニュージャージー州知事を経て政界入り。そのわずか3年後に「ニューフリーダム」を掲げて大統領に就任。関税の引き下げ、企業の規制強化などさまざまな改革を実行。1913年には連邦準備法案に著名。1914年、第一次世界大戦が勃発すると和平に動き、国際連盟を提唱するなどして中立を保つも1917年に参戦。翌年、戦後の平和構想として「平和14カ条」を発表、ノーベル平和賞を受賞する。67歳で死去。
スポンサーサイト
  1. 2012/09/11(火) 21:40:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<リンドン・ジョンソン語録 | ホーム | 山科直治語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/856-a344550e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)