FC2ブログ

名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3971。収録語録数21867(2018年9月6日現在)

リチャード・ニクソン語録

リチャード・ニクソン語録13件
(アメリカ第37代大統領)


「人間は負けたら終わりなのではない。やめたら終わりなのだ」


「成功者はすべて決断を早急につける習慣を身につけており、もし、その決断を変えなければならぬときは非常に遅くやる」


「大いなる目的に没頭したことがない者は人生の山場を経験していないことになる。何かに没頭することで自分が何者か知ることができる」


「まず真実に忠実であることを誓おう。あるがままを見て、そのままを伝えよう。そして、真実を見つけ出し、真実を語り、真実を生きよう。これこそ、これからわれわれが行うことだ」
注釈:『共和党全国大会での大統領候補指名決定後のスピーチ(1968年8月8日/フロリダ州マイアミビーチ )』。共和党の大統領候補指名を勝ち取ったニクソンは、意気揚々とこのように演説した。後のウォーターゲート事件を思えばいかにも皮肉な内容である。


「人々は、自分たちの大統領がペテン師かどうか知るべきだ。ちなみに私はペテン師ではない。私が得たものすべては、自分の手で稼いだものだ」
注釈:ウォーターゲート事件に関する記者会見での弁明のコメント


「指導者が最も陥りやすい弊害は働きすぎだろう。いくら働いても平気な人もいるが、大事なときに存分に働くためには休暇をとり、気分とペースを変える必要がある」


「指導者にとって大切なのは、何時間デスクの前で過ごすか、そのデスクがどこにあるかではなく、重要な決断を正しく下すかどうかである」


「政治とは妥協の産物であり、民主主義とは政治の産物にほかならない。ステーツマンになろうと志す者は、まずポリティシャンでなければならない」


「人間は、理屈によって納得するが、感情によって動く。指導者は、人々を納得させるとともに、動かさなければならない」


「優しいだけの人は、ほとんどの場合、権力の行使には向かない。指導者というのは、事を為すに当たって、時には獣的な非情さを必要とするものである」


「自己の職責の非情さにたじろいだり、感傷に溺れるようなことがあっては、一流はおろか二流、三流の指導者にもなれないだろう」


「フルシチョフは、ベルリンの壁を築いた。それは人類史上はじめて、外敵を防ぐためでなく、内なる民衆を外に出さないための城壁だ」


「私が知遇を得た偉大な指導者にほぼ共通している事実は、彼らが偉大な読書家だったことである。読書は精神を広くし鍛えるだけでなく、頭を鍛え、その働きを促す」


関連サイト
歴代アメリカ大統領語録一覧
http://bit.ly/OKsvi9


経歴(プロフィール)
■リチャード・ミルハウス・ニクソン
【1913年~1994年】アメリカ合衆国第37代大統領(在任1969年1月20日~1974年8月9日)。カリフォルニア州ロサンゼルス近郊のヨーバリンダに生まれる。地元の高校からウィッティア大学に進み、優秀な成績で卒業した後、奨学金を得て名門デューク大学ロースクールに進み法律を学ぶ。第2次世界大戦時には海軍に入隊。カリフォルニア州から中央政界に進出。反共の闘士として頭角を現す。39歳で副大統領となり2期務める。1960年の大統領選挙に破れ、1962年のカリフォルニア州知事選で落選するも、1968年の大統領選で勝利。泥沼化していたベトナム戦争の終結、中ソとの平和など外交面で成果を上げるが、ウォーターゲート事件で辞任。81歳で死去
スポンサーサイト
  1. 2012/08/23(木) 21:14:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウォレン・ハーディング語録 | ホーム | シャルル・ペギー語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/824-fbdfdefc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)