名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20323(2017年1月22日現在)

ディオゲネス語録

ディオゲネス語録全12件



「教育は青年にとっては気品、老人にとっては慰め、貧者にとっては富、金持ちにとっては飾りである」


「私が死んだら、そのへんに捨てておくれ」


「人は、目の前にいる友人だけではなく、そうでない友人のことも忘れるべきではない」


「名門・名声は悪を示す仰々しき飾りなり」


「あなたが陰になるので私に日の当たるようによけてください」
注釈:時の大王に『何でも望みのものを申してみよ』と言われてディオゲネスは、邪魔だからどいてくれと言った。


「かの金持ちは財産を所有するにあらず、奴の財産が奴を所有するなり」


「汝が富者ならば、喜ばしきときに食べよ、汝が貧者ならば、食べられるときに食べておくべし」


「つねに死ぬ覚悟でいる者のみが、真に自由な人間である」


「恋に陥りし人間は、快楽と引き換えに不幸を手に入れん」


「賢者のみが自由人にして、卑劣なる人間は奴隷なり」


「愚人から誉められても嬉しくない。多くの人から誉められたりすると、私も愚人なのではないかと心配になる」


「食べるということが、おかしなことでないのなら、広場で食事をしてもおかしなことではない」


関連サイト
哲学者(世界)語録集
http://bit.ly/WcR4Eg


ディオゲネス経歴(プロフィール)
【紀元前412年?~紀元前323年】ギリシアの哲学者。黒海南岸のシノペ生まれ。両替商の父が通貨改鋳(かいちゅう)の罪を犯したため、国外に追放。アテナイにやってきて、アンティステネスの弟子となる。キュニコス派の思想の実践に励み、物質的な快楽を捨て、粗末な格好をして、乞食のような生活をした。大樽の中に住み、その樽を転がしては好きなところに住んだ。そこから「犬のディオゲネス」とも称された。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/10(金) 22:28:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<南方熊楠語録 | ホーム | アダム・スミス語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/790-381d3f37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)