FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3971。収録語録数21867(2018年9月6日現在)

中内功語録

中内功(ダイエー創業者)語録16件



「国はつぶれないからね。企業はつぶれるから、リスクマネイジメントを考える。国は赤字国債をどんどん出して借金すればすむ。企業はそうはいかん。だから、情報に対しては企業は非常に敏感になりますよ」


「小売業は、お客様にものを提供する義務があるんです。ともかく早く営業を始める。それが小売業の使命なんです」
注釈:中内は阪神大震災の直後の午前7時半には、開けられる店はなんとしても開けるように命令している。そして「客が来る限り、店を開け続けろ」と指示した。


「営業をできなくてもいいから、明かりをつけろ。暗いと物騒だし、神戸自体が沈んでしまう。営業できなくとも、明るいだけで安心感がわくものだ。少なくともダイエーグループだけは明かりをつけろ」
注釈:阪神大震災の時、中内は宮島和美社長室長にこのように指示した。


「私は睡眠時間を切り詰めてでも情報を集めることに精を出す。海外に出ても可能な限り自分の目で見、足で確かめることにしている。そうした情報の集積体が経営戦略を決定していくうえでの勘になる」


「マーケットの科学的な把握、仮説を設定して、実証してゆく日々の努力こそ、新しい市場、マーケットを作ることになる」


「プロとは、一つの仕事について一芸に秀でた人、一流になろうと努力している人のことである。今後、会社も自分を売り込むだけのプロの技術を持っている人が必要になってくる」


「この資源のない国で、世界一豊かな暮らしを提供するためには、もっと使命感に燃えた人が必要だ」


「我々はダイエーでしかできないことを、この国が本当に豊かさを実現するために、あえてリスクを冒しても実行していかなくてはならない」


「消費者以外に頭を下げるのは嫌だ」


「売上げはすべてを癒す」


「変化こそ、機会の母である」


「落伍者とは、戦う心を失った人をいう。生きていること自体、なんらかの意味で戦う場である」


「人間とは本来弱いものだ。だが、信念とか使命感で行動する時は、なぜか果てしなく強くなる」


「人間の能力にそんなに差はない。やる気さえあれば、誰でもたいていのことはできる」


「バカと天才とは、この世に存在することはまれである。すべてが我々凡人の世界である。そのなかで半歩前に踏み出すことのできる勇気を持つことが大切である」


「一流主義より一番主義である。企業を伸ばすには絶対一番でなければならない」


関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xlkcNu


中内功(なかうちいさお)経歴(プロフィール)
大正11年~平成17年(1922年~2005年)ダイエー創業者。大阪府生まれ。神戸高商(現・神戸大学)卒。日本綿花(現・双日)を経て、昭和26年に薬品現金問屋サカエ薬品を創業。昭和32年に「主婦の店ダイエー」を開業して年間売上高5兆円の日本最大の流通企業グループを育て上げた
スポンサーサイト
  1. 2012/07/17(火) 21:42:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<岡崎久彦語録 | ホーム | ピカソ語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/751-f9246000
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)