名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20308(2017年1月19日現在)

レオナルド・ダ・ヴィンチ語録

レオナルド・ダ・ヴィンチ語録全50件



「私の職業は画家だ。絵画こそ最高の芸術である」


「人間が生きている世界は3次元である。3次元にあるものを3次元で表現するのは再現にすぎない。3次元のものを2次元に写し取り、2次元にはない立体感や奥行きまでをも表現することが真の芸術なのだ━」
注釈:ヴィンチは彫刻よりも絵画を重んじた。


「その手に魂が込められなければ、芸術は生まれない」


「立派に費やされた一日は長い」


「簡潔さは究極の洗練である」


「若いうちに努力せよ」


「人間の巧妙さが、自然が創造するものよりも美しくシンプルな、あるいは正確な発明をすることは決してできない。なぜなら自然の女神の創造物には何一つ欠けるところがなく、何一つ過分なものがないからである」


「質素であることは最も素敵なことだ」


「鉄が使用せずして錆び、水が腐りまたは寒中に凍るように、才能も用いずしてはそこなわれる」


「私は決して障害に屈しはしない。いかなる障害も、私の中に強い決意を生み出すまでだ」


「充実した生命は長い」


「空腹でもないのに、食事をしては、病気になるように、意味も分からず、意味を求めるのは、勉強にならない」


「苦労せざるものは幸運に値せず」


「充実した一日が幸せな眠りをもたらすように、充実した一生は幸福な死をもたらす」


「沢山を欲しがる者こそ、貧乏である」


「食欲がないのに食べても健康に悪いように、やる気がないのに勉強しても記憶力が損なわれ、記憶したことは保存されない」


「精神は、鍛錬なしには堕落する」


「知るだけでは不十分である。活用しなければならない。意思だけでは不十分である。実行しなければならない」


「大いなる苦悩なくしては、如何なる完成せる才能もあり得ない」


「肉欲を抑制しない者は、動物の仲間になるが良い」


「知恵は経験の娘である」


「つねに恐れつつ進まぬ者は、数々の侮辱(ぶじょく)にあい、しばしば悔いることになる」


「経験こそ立派な先生だ」


「充実した一日は、安らかな眠りをもたらす」


「ちっぽけな確実さは大きな嘘に勝る」


「猫科の一番小さな動物、つまり猫は、最高傑作である」


「理論は将校、実践は兵卒」


「すべてはすべてと関連している」


「不透明な物体は表面に必ず光と影をまとっている」


「人間はやり通す力があるかないかによってのみ、称賛、又は非難に値する」


「知ることが少なければ愛することも少ない」


「幸せの入る場所に、嫉妬が待ち伏せしてこれを襲う」


「このところずっと、私は生き方を学んでいるつもりだったが、最初からずっと、死に方を学んでいたのだ」


「愛は知識の母である」


「解剖して分かったことだが、人間は死ぬように出来ているのだ」


「私はいかに生きるかと思っている間、いかに死ぬかについて学んだ」


「時々、機会を見つけて外出しなさい。そして、リラックスしよう。外から帰ってくると、あなたの判断はより確かなものになります。いつも仕事にへばりついていると、あなたは、判断力を失ってしまいます」


「手早さより勤勉を旨(むね)とするよう先ず心がけること」


「経験の弟子、レオナルド・ヴィンチ」


「同じ眼でながめた対象が、あるときは大きく、あるときは小さく見える」


「徳は、生まれると同時に、徳に反対する嫉妬をも生み出す。嫉妬を伴わない徳よりも、影を伴わない物体のほうが先に現れるだろう」


「本当に物事が分かっている人は、大声を出さないものである」


「あらゆる自然の営みは、最も短い道を通る」


「老いてからの欠乏を補うのに十分なものを青年時代に獲得しておけ。老年が食物として必要なのは知恵である。そのことを知る者は(知恵の)栄養不足にならぬよう、若いうちに努力せよ」


「経験に裏付けられない、偉人の理論は避けよ。最初に抵抗する方が、最後に抵抗するより楽だ」


「無知や迷妄は、我らを誤り導く。哀れな人間たちよ、己が目を開け」


「必然性は自然の女主人であり導き手である」


「太陽は動かない」


「師匠を凌がない弟子は、やくざ者だ」


「多くの者が、虚偽の奇跡を教えて、妄想を煽って、蒙昧な大衆を欺いた」


関連サイト
画家(世界)語録集
http://bit.ly/13sHO1m


レオナルド・ダ・ヴィンチ経歴(プロフィール)
【1452年~1519年】イタリアのルネサンス期を代表する芸術家で、絵画、彫刻、建築、土木、人体、その他の科学技術に通じ、極めて広い分野に足跡を残し、万能の天才とも評された。イタリア生まれ。14歳頃から、画家見習いとしてアンドレア・デル・ヴェロッキオに師事。その後、ミラノ公に仕えながら、工房を開く。ルネッサンスを代表する作品である『最後の晩餐』や『モナ・リザ』などを描いた。
スポンサーサイト
  1. 2012/07/12(木) 21:23:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<船井幸雄語録 | ホーム | ミケランジェロ語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/746-0e052023
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)