名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20292(2017年1月16日現在)

小松帯刀語録

小松帯刀語録全1件



「自分もぜひパリに渡りたいと志願したけれども聞き入れられず、本当に残念です」
注釈:1867年(慶応3年)に開催されたパリ万博に、薩摩は幕府とは別に「薩摩パビリオン」を出展した。計画を進めながら実際に行くことができなかった帯刀が、大久保利通に宛てた手紙にこのような一節があった。パリに行けなかった残念さが滲みでている。



関連サイト
幕末の志士語録集
http://bit.ly/zRORdP
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E
 


小松帯刀(こまつたてわき)経歴(プロフィール)
天保6年~明治3年(1835年~1870年)幕末・明治維新期の薩摩藩士、政治家。薩摩国鹿児島城下の喜入屋敷にて喜入領主・肝付兼善(きもつきかねよし)の子として生まれる。吉利領主・小松清猷(きよもと)の跡目養子となって家督を継承。島津久光の側近となり、藩政改革に取り組む。久光の上洛に同行、帰国後、家老となる。徳川慶喜に大政奉還を進言。明治新政府では総裁局顧問となるも、病没。享年36。
スポンサーサイト
  1. 2012/06/08(金) 05:51:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<平清盛 信西 | ホーム | 榎本武揚語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/702-4ad336df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【小松帯刀語録】

小松帯刀語録全1件「自分もぜひパリに渡りたいと志願したけれども聞き入れられず、本当に残念です」注釈:1867年(慶応3年)に開催されたパリ万博に、薩摩は幕府とは別に「薩摩パビリ...
  1. 2012/06/09(土) 18:24:44 |
  2. まとめwoネタ速neo