名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3892。収録語録数20790(2017年4月27日現在)

豊田章一郎語録

豊田章一郎語録5件
(トヨタ自動車6代社長)


「設備が同じでも、もっと効率的に作れないのか。それと、腕を磨くことには無限の可能性がある」
注釈:戦後10年が経ってドイツのフォルクスワーゲン社の工場を見学した時、日本との設備の差に驚き、生産技術向上とヒトに力を入れることを決心する。その時の言葉。


「組織を動かすのは人である。企業のよしあしは、そこで働く人を見ればわかる。組織というものは、それを構成する人たちの運営の仕方によって、生き生きとしてくるし、効率もよくなる。その意味でも、部下とつね日頃からよく接触し、育成に努力してほしい」


試練が技術を生む
「自動車は現代文明の結晶であり、これを守り育てていくことが、私たちの使命だ。今や私たちは創業時にも匹敵するような厳しい時代にさしかかっているが、厳しい試練こそ人を鍛え、企業をも鍛えるものだ。これを支えるのが技術の力であり、そして真に新しい技術は、そうした時代にこそ生まれてくる」


自己変革を怠った企業は消えていく
「過去の成功の上にあぐらをかき、自己変革を怠った企業は、時代のうねりの中に沈んでいく運命にあるといえる。私たちは、自動車という本当に可能性と魅力に満ちた産業に携わっているのであり、従業員の一人ひとりが、意欲にあふれ、その意欲を仕事にストレートにぶつけられる企業風土をつくってほしい」


3C精神で取り組む
「私は、新生トヨタを3C精神(創造、挑戦、勇気)で何事にも積極的に取り組む若さあふれる企業、困難に挑戦し克服する苦しみや喜びを全員に分かちあえるような企業にしたいと思っております」


関連サイト
トヨタ経営語録集http://bit.ly/ytAZ9J


経歴(プロフィール)
■豊田章一郎(とよだ・しょういちろう)
1925年、愛知県で生まれる。トヨタ自動車名誉会長。名古屋帝国大学工学部機械科卒。東北大学大学院修了。工学博士。豊田喜一郎の長男。昭和27年にトヨタ自動車工業に入社。昭和56年トヨタ自動車販売社長。翌年、工販合併に伴いトヨタ自動車初代社長。品質管理の責任者として品質向上と海外発展に努めるとともに、トヨタ自動車のデミング賞実施賞の受賞に尽力。平成4年会長。平成6年経団連会長。平成17年には愛知万博協会会長も務めた
スポンサーサイト
  1. 2011/10/05(水) 15:49:22|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松下幸之助(熱海会談ニュー富士屋ホテル) | ホーム | 小佐野賢治(国際興業創業者)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/70-31fb256a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)