FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22109(2020年11月2日現在)

和宮語録

和宮親子内親王語録全2件



「身命など惜しむでしょうか。朝廷と国民とのためであるならば、この身は武蔵野の露と消えても」


「私一人が安泰であったとしても、亡夫家茂への貞操が立たないので、徳川家の存亡に従いたいと決意しています」



関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E 


和宮親子内親王(かずのみやちかこないしんのう)経歴(プロフィール)
【弘化3年~明治10年(1846年~1877年)】仁孝天皇(にんこうてんのう)の第八皇女として生まれる。1862年(文久2年)、公武合体の政策の下、14代将軍・徳川家茂に降嫁する。家茂の死去に伴い落飾(らくしょく)、静寛院となる。家茂死後も江戸城にとどまり、戊辰戦争の際に新政府軍の攻撃回避と徳川家存続を嘆願した。享年32。
スポンサーサイト



  1. 2012/06/02(土) 07:59:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<レディー・ガガ語録 | ホーム | 藤原忠実>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/688-6e38a726
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【和宮語録】

和宮親子内親王語録全2件「身命など惜しむでしょうか。朝廷と国民とのためであるならば、この身は武蔵野の露と消えても」「私一人が安泰であったとしても、亡夫家茂への貞操が立た
  1. 2012/06/02(土) 11:21:14 |
  2. まとめwoネタ速neo