FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

李白語録

李白語録全5件



「人生意を得なば、須く歓を尽くすべし、金の樽をして、空しく月に対せしむること勿れ」


「士は飢うるも栗は啄まず」


「清風郎月一銭の買うを用いず」


「覆水再び収むるも、豈に杯に満たんや。妻妾已に去りて重ねて回り難し」


「白髪三千丈 愁えに縁って筒の似く長し 知らず、明鏡の裏 何れの処よりか秋霜を得し」



偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E 


李白(りはく)経歴(プロフィール)
【701年~762年】中国盛唐(せいとう)を代表する詩人。字(あざな)は太白(たいはく)。玄宗(げんそう)の宮廷にいた一時期を除いて、生涯を旅に過ごした。酒を愛し、自由奔放な詩風で、とくに古詩と絶句にすぐれる。
スポンサーサイト



  1. 2012/05/28(月) 20:05:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<杜甫語録 | ホーム | 玄奘三蔵語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/681-ca501573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【李白語録】

李白語録5件「人生意を得なば、須く歓を尽くすべし、金の樽をして、空しく月に対せしむること勿れ」「士は飢うるも栗は啄まず」「清風郎月一銭の買うを用いず」「覆水再び収むるも
  1. 2012/05/28(月) 23:55:05 |
  2. まとめwoネタ速neo