名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20292(2017年1月16日現在)

山岡鉄舟語録

山岡鉄舟語録全12件



「人には、秀でた所もあれば、劣った所もある。一概に、人を捨てたり、人を笑ったりできない」


「無刀とは、心の外に、刀が無いこと。敵と相対するとき、刀に拠ることなく、心を以って心を打つ、これを無刀という」


「宇宙と自分は、そもそも一体であり、当然の帰結として、人々は平等である。天地同根、万物一体の道理を悟ることで、生死の問題を越え、与えられた責務を果し、正しい方法に従って、衆生済度の為に尽くす」


「剣法を学ぶ所以は、ひとえに心胆練磨。もって、天地と同根一体の理を果たして、釈然たる境に、到達せんとするにあるのみ」


「敵に至りたるを以って、至極とする」


「自然は教師なり、自然を眺めて学び、自然に即して考える」


「心身ともに忘れ、自ずから天地万物、一筆に帰するの妙」


「晴れてよし 曇りてもよし 富士の山 もとの姿は 変わらざりけり」


「己の知らざることは何人にてもならうべし」


「名利のため学問技芸すべからず」


「力の及ぶ限りは善き方に尽くすべし」


「何時何人に接するも客人に接するよう心得べし」


関連サイト
幕末の志士語録集
http://bit.ly/zRORdP


山岡鉄舟(やまおかてっしゅう)経歴(プロフィール)
1836年~1888年(天保7年~明治21年)幕末の幕臣、明治時代の政治家、思想家。幕末の三舟の一人。江戸に旗本の子として生まれる。9歳より剣術修行を行い、真影流(神陰流)、北辰一刀流を学ぶ。槍術家・高橋泥舟の妹婿となり、槍術の師・山岡家を継ぐ。徳川慶喜警固のため精鋭隊の頭に任命される。勝海舟、西郷隆盛の会談を実現、江戸無血開城の立役者の一人となった。享年53歳。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/26(木) 23:31:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐々木秀一語録 | ホーム | マリリン・モンロー語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/637-260b3d20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)