名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20317(2017年1月21日現在)

デール・カーネギー語録

デール・カーネギー語録全49件



「世界の大偉業の大半は、もはやこれで絶望かと思われた時にも、なお仕事をやり続けた人々の手によって成し遂げられた」


「人生はまさにブーメランだ。人に与えたものは手元に返ってくる」


「不当な非難は、しばしば偽装された賛辞であることを忘れてはならない」


「幸福への道はただ一つしか無い。それは我々の意思の力ではどうにもならない事柄について悩む事をやめることにある」


「悲しみや不幸や災難にあって、身も心も荒れ果てている時は、何か作業を見つけて、頭も手足も休ませずに一心に打ち込むことだ」


「悩み事は、散歩して忘れるのが一番だ。まあ、ちょっと外へ出てみたまえ。ほら、悩みごとなんか、翼が生えて飛んで行ってしまう」


「毎日、誰かの顔に喜びの微笑みが浮かぶような善行を心がけよう」


「過去と未来を鉄の扉で閉ざせ。今日一日の枠の中で生きよう」


「感謝の言葉をふりまきながら日々を過ごす。これが友を作り、人を動かす妙諦である」


「私たちの疲労は仕事によって生じたのではなく、悩み、挫折、後悔が原因となっていることが多い」


「議論から最大の利益を得る唯一の方法は、議論を避けることである」


「他人の短所を見れば憂うつになり、他人の長所を見れば人生が楽しくなる」


「不可能だと思わない限り、人間に限界はない」


「何かを成し遂げようという気持ちが無ければ、世間のどこへ行っても頭角を現すことはない」


「自分に関心を持ってもらうために2年間費やさなくても、他人に関心を持てば、2週間でより多くの友人を作ることが出来る」


「あなたが明日出会う人々の4分の3は、『自分と同じ意見の者はいないか』と必死になって探している。この望みを叶えてやるのが、人々に好かれる秘訣である」


「大抵の者は、自分では想像も出来ないほどの、素晴らしい勇気を持っている」


「精を出して脇目もふらずに働く。これがこの世で最も安価な、そして最上の健康薬である」


「人間嫌いを直す簡単な方法は一つしかない。相手の長所をみつけることだ。長所は必ずみつかるものだ」


「一見たいしたことのない仕事でも、思い切って全力を注ぐことだ。仕事を一つ征服するごとに実力が増していく。小さい仕事を立派に果たせるようになれば、大きい仕事の方はひとりでに片がつく」


「人生とは、今日一日のことである」


「良くも悪くも、人生というオーケストラの中で、あなたは自分という小さな楽器を演奏しなければならない」


「悪い習慣は打破することが出来るし、良い習慣は身につけることが出来る」


「人間は心を弾ませながら、何か興味深いことをしていると、めったに疲れない」


「私たちは明けても暮れても美しいおとぎの国に住みながら、目をふさいでみようともせず、見飽きているために、それに喜びを感じないのだ。人を批評したり、非難をしたり、小言をいったりすることは、どんな馬鹿者でも出来る。そして、馬鹿者にかぎって、それをしたがるものだ」


「笑顔は1ドルの元手もいらないが、1000万ドルの価値を生み出す」


「幸福になりたければ、やれ恩を返せだの恩知らずだのと言わないで、人に尽くす喜びだけを生き甲斐にしようではないか」


「何かを成し遂げようという気持ちが無ければ、世間のどこへ行っても頭角を現せない」


「人間は逃げ場がなくなれば、不幸と災難に耐え抜き、それを克服することができるものだ」


「10人中9人は、親しくなってみると前より好感が持てる」


「もし自分が間違っていたと素直に認める勇気があるなら、災いを転じて福となすことができる」


「恐怖を克服する決心をしさえすれば、たいていの恐怖は克服できる。恐怖は人の心の中にしか存在しないからだ」


「優柔不断は疑いと恐怖心を生み出し、行動は勇気を生み出す。恐怖心を克服するには、家に閉じこもってくよくよしていては駄目だ。外へ出て仕事に精を出すことだ」


「この世は、興味あるもので満ち満ちている。こんな素晴らしい世界で、だらだらと人生を送るのは、もったいない」


「我々の大切な任務は遠くにあるぼんやりとしたものを見ることでは無い。はっきりと手近にあるものを実行することである」


「成功者とは、失敗から多くのことを学び取って、新たに工夫した方法で、再び問題に取り組む人間のことである」


「勇気は、人の偉大さをはかる物差しである。自分の理想像のレベルに達するまで頑張ることだ」


「相手の心の中に強い欲求を起こさせること。これをやれる人は万人の支持を得ることに成功し、やれない人は一人の支持者を得ることにも失敗する」


「何事にも落胆しない━あくまでやり続ける━決して断念しない。この三つが大体において成功者のモットーである」


「自分の欠点ばかり気になり出したら、そんな劣等感を直してくれる人間はこの世に一人しかいない。つまりあなた自身だ」


「最悪の事柄を受け入れてしまえば、もはや失うものはなくなる。裏を返して言えば、どうころんでも儲けものなのだ!」


「ぜひやり遂げたいと思っている仕事が途中でうまくいかなくなっても、あっさりと投げ出して敗北を認めてはならない。何か他にやり方を試みることだ。音の出る弦は一本だけではない。他の弦を見出せばよいのだ」


「他人のために尽くすことだ。そうすれば、つまらない劣等感など、7月のとうもろこし畑にかかる朝露のように、跡形もなく消えうせてしまう」


「気にする必要もなく、忘れてもよい小事で心を乱してはならない。小事にこだわるには人生はあまりにも短い」


「俺は底まで落ちたが、とにかくそれに耐えてきた。これからは、上へ行くだけだ」


「気のふさいだ馬を見たことがあるか?しょげかえった小鳥を見たことがあるか?馬や小鳥が不幸にならないのは、仲間に『いい格好』を見せようとしないからだ」


「この問題の焦点は、物事を突き詰めて考えすぎないことだ。くだらない悩みは笑いで吹っ飛ばそう。笑って悩みを追っ払うことは決して不可能ではない」


「時間が多くのことを解決してくれる。あなたの今日の悩みも解決してくれるに違いない」


「最善を尽くそう。そのあとは古傘をかざして、非難の雨が首筋から背中へ流れ落ちるのを防げばよい」


関連サイト
創業者(世界)語録集
http://bit.ly/OLuqA4


デール・カーネギー経歴(プロフィール)
【1888年~1955年】アメリカの実業家、作家。ミズーリ州の農家に生まれる。ミズーリ州立学芸大学卒業後、雑誌記者、俳優、営業マン、トラックの運転手など様々な職業を経て、1912年にニューヨーク州のYMCAの夜間学校で、弁論術講座を担当した。話し方から始まった「デール・カーネギー・コース」は受講者の潜在能力を開花させ、人間関係を良好に築くための成人教育の場として発展。さらに「D・カーネギー研究所」を設立し、デール・カーネギー・トレーニングを国内外に普及させた。死後50年以上経った今でもなお、多くのビジネスマン、経営者に支持されている。1963年に出版した「人を動かす」は全米のみならず、世界中でロングセラーとなっている。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/13(金) 22:51:34|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<藤原多子 | ホーム | アンドリュー・カーネギー語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/621-1578c25d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【デール・カーネギー語録】

デール・カーネギー語録全49件「世界の大偉業の大半は、もはやこれで絶望かと思われた時にも、なお仕事だ。人に与えたものは手元に返ってくる」「不当な非難は、しばしば偽装された
  1. 2012/04/13(金) 23:06:39 |
  2. まとめwoネタ速suru