名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20310(2017年1月20日現在)

ジョン・ワナメーカー語録

ジョン・ワナメーカー(百貨店王)語録全9件



「仕事のために死ぬ人はまれである。仕事にくよくよ心を悩ますことで多くの人が殺される」
注釈:幼少のころからレンガ工の父を手伝い、貧しい家計を支えたワナメーカー。過酷な状況でも心を祈ることなく努力を続けるために、処世術を身につけていた。


「顧客が私の店に入ってきたら、私のことは忘れてくれ。顧客が王様なのだ」


「自分の仕事を愛し、その日の仕事を完全に成し遂げて満足した軽い気持ちで晩酌の卓に帰れる人が、最も幸福な人である」


「一度に一歩ずつ登れば、どんなに高い山でも踏破できる」


「尽くすことを正直に試みる者には、全世界もまた彼に対して、尽くすことを忘れないであろう」


「広告費の半分が金の無駄使いに終わっている事はわかっている。分からないのはどっちの半分が無駄なのかだ」


「困難なことは頭からするな、非常に成功の邪魔になるという人がある。しかし、決してそうではない。人間というものは、困難なことに遭えば遭うほど、ますます新しい力が出てくるものだ」


「本人は気づかないが、いつも拡大鏡を持ち歩いて、人の欠点ばかりのぞき回っている者がいる」


「三十年前に、私は人を叱りつけるのは愚の骨頂だと悟った。自分のことさえ自分で思うようにはならない。神様が万人に平等な知能を与えたまわなかったことにまで、腹を立てたりする余裕は、とてもない」


関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E 


ジョン・ワナメーカー経歴(プロフィール)
【1838年~1922年】アメリカの百貨店王。ペンシルべニア州フィラデルフィア市郊外に生まれる。23歳の時に妻の兄とともに「オークホール洋服店」を開業。返品制度や価格制度の統一など、革新的なアイディアを次々と実現させた。1978年にはフィラデルフィアで米国初のデパートメントストアを開業させ、いつしかワナメーカーは百貨店王と呼ばれるまでの人物になった。「母の日」の生みの親としても知られる。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/09(月) 04:02:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<青井忠雄語録 | ホーム | 松本昇>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/616-e31e4e22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)