名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20317(2017年1月21日現在)

ホルスト・ダスラー語録

ホルスト・ダスラー(アディダス社長)語録全1件



「君はロッカールームに入ったのか? 選手の奥さんたちの名前を知っているのか? 一緒にランチをとったのか?」
注釈:アディダスと契約している選手が他のメーカーのシューズを使っているのを見て部下が愚痴をこぼしているのを聞いて、このように質問を浴びせた。


※参考文献:経営者100の言葉(採図社)


関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E 


ホルスト・ダスラー経歴(プロフィール)
アディダス社長。1936年にドイツで生まれる。ホルストが生まれた時、父のアドルフ・ダスラーは靴職人で、営業上手の兄のルドルフ・ダスラーとともに、ダスラー兄弟商会を経営していたが、後に2人は決裂。父が創業した「アディダス」の後継者としてホルストは育てられた。一方、父の兄は「プーマ」を創業。同じく息子のアーミン・ダスラーがその後を継ぎ、「アディダスVSプーマ」という兄弟喧嘩は、親子2代に渡って繰り広げられた。幼い頃から靴職人の技術を仕込まれたホルストは商才にも優れており、オリンピックで選手にスパイクを無料で配布する。フリー戦略でブランドを浸透させた。またスタジアムに盛んに出入りしながら、選手だけではなくその関係者の顔と名前まで覚えていたホルスト。選手との太いパイプを構築して、アディダスを世界一のスポーツメーカーへと発展させた。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/05(木) 06:40:43|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<吉本せい語録 | ホーム | 岩堀喜之助語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/609-7090a3a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)