名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3846。収録語録数20292(2017年1月16日現在)

ジャック・ウェルチ語録

ジャック・ウェルチ(ゼネラル・エレクトロニック社CEO)語録全22件




「自らの運命をコントロールせよ。さもなければ、他人にコントロールされることになるだろう」


「花を育てるには、肥料と水を両手に持って、常に両方をかけなくてはいけない。うまく育てば美しい花壇になる。育たなければ抜くしかない。経営もそれと同じだ」


「経営者にとって人を切ることほどつらい決断はない。だが、人を切るのを楽しむ人間や人を切れない人間は、会社を経営すべきではない」


「世界でナンバー1、悪くてもナンバー2になれない事業からは、すべて撤退する」


「上位2割の能力ある社員に、会社全体の給料の8割を与えるような会社に変化しなければだめだ」


「君たちの雇用を保証するのは、満足した顧客だけだ。雇用を創出するものは結局、満足した顧客を生む製品とサービス以外にない」


「変化がある時にはいつでも機会がある。だから組織は麻痺するのではなく、活気づくことが肝要である」


「ビジネスにおいて、6ヶ月早ければ良かった、という事はあっても、6ヶ月遅ければ良かった、という事はまずない」


「洋服を重ね着したトップには、外の寒さはわからない」


「戦う以上、勝つことが目的だ。勝てなければ君たちみんなが職を失うことになる」


「優れていること、競争力があることは、正直であること、誠実であることと矛盾するものではありません」


「スピードはきわめて重要だ。競争力に欠かすことのできない要素である。スピードがあれば、企業も、従業員も、いつまでも若さを保てる。スピードは習慣になりやすいし、アメリカ人が大好きなものだ。これを利用しない手はない」


「私が臆病者だって?戦うことが目的ではない。勝つことが目的なのだ。しかし、勝ちめがなければ撤退する。ビジネスはゲームだ。そのゲームに勝つこと。これに勝る快感はない」


「余儀なくされる前に、改革せよ」


「我々の行動のすべては、顧客の獲得か、顧客の維持を目的としている」


「上司と部下の友情が続くかどうかを決定づける要因、それは100%の率直さです。率直な話し合いには、公私を分ける能力が必要です」


「何もしなければ、いずれ誰か他人にビジネスのやり方を変えられてしまう。ならば、自分達で変えてしまった方が良いに決まっている」


「われわれは失敗にも報酬を与えている。機能しない照明器具をつくったチーム全員にテレビセットを贈ったこともある。そうしないと、社員は新しい挑戦を避けるようになる」


「ライバルの発想は利益をもたらす」


「スピード、簡潔、自信。われわれはこの三つの企業倫理を育てていくことによって、企業の力を引き出すと同時に、従業員のはかりしれない生産能力を開放し、発揮させることができる」


「ヒーローとはアイデアを持った人間だ」


「事業全体をよく見渡し、どこを手直しし、どこを強化し、どこを捨てる必要があるか、できるだけ早く決断せよ!」



関連サイト
偉人のエピソード逸話集
http://bit.ly/xLH35E 


ジャック・ウェルチ経歴(プロフィール)
ゼネラル・エレクトロニック社(GE)のCEO。1935年にアメリカのマサチューセッツ州に生まれる。少年時代、吃音に苦しめられたウェルチは、マサチューセッツ州立大学卒業後は、イリノイ大学へと移り、化学工学の博士号を取得。GEに入社すると、わずか8年でゼネラル・マネージャーに就任した。1981年には最年少でGE会長兼CEOにまで上り詰めたウェルチは、大胆なリストラと事業開発によって組織変革に取り組んだ「選択と集中」や「シックスシグマ」などの経営手法をいち早く導入し、他の多くの企業にも浸透させた。売上高を5倍、純利益を8倍に伸ばしたウェルチは「フォーチュン」誌で「20世紀最高の経営者」に選出される。一切の妥協を許さない姿勢で、GEを時価総額4500億ドルの企業へと導いた。
スポンサーサイト
  1. 2012/04/04(水) 20:48:13|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鈴木敏文語録 | ホーム | ウォルター・クライスラー語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/605-c0c30bb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)