FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

佐藤義清(西行)

佐藤義清(後の西行)・・・(NHK大河ドラマ平清盛:2012年放送)

【佐藤義清(さとうのりきよ)】役者:藤木直人(ふじき・なおひと)
【1118年~1190年】平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての武士・僧侶・歌人。院に仕える北面の武士として活躍。歌に通じ、武芸に長(た)け、見目麗(みめうるわ)しい武士として、その名を世に轟(とどろ)かす。若くして家を継いで妻子を持ち、華やかな未来が待っていたのだが、鳥羽上皇の中宮・璋子(たまこ)と一夜の契りを交わしたことをきっかけに出家。漂泊の人生を歩みながら、桜を愛した稀代の歌人として後世に名を残す。生涯を通じて平清盛の友人となった。


西行(さいぎょう)略歴
【1118年~1190年】東大寺再建のために奔走した流浪の歌人。もとは佐藤義清(さとうのりきよ)という名前の武士で、23歳で出家。諸国を旅して多くの歌を詠み、「新古今和歌集」にも歌を残すほどの平安後期を代表する歌人。平重衡によって奈良の東大寺に火が放たれ、大仏殿が焼け落ちた時に、東大寺再建に必要な資金を求めて西行のもとに訪れたのが、俊乗坊重源(しゅんじょうぼうちょうげん)であった。重源は奥州で独自の勢力を築いていた藤原秀衡(ひでひら)に資金援助を請うことを考え、その使者となることを西行に依頼する。重源の依頼を受けた西行は、まず鎌倉の源頼朝と会って藤原氏からの援助物資が東国を通過することへの許可を求める。その後、奥州を訪れて本題であった秀衡からの資金援助の交渉にも成功。こうして集められた資金によって、東大寺は見事に再建された。


関連サイト
平清盛関連資料一覧
http://bit.ly/zfxOTL
スポンサーサイト



  1. 2012/03/08(木) 22:04:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ウィリアム・デュラント(GM創業者)語録 | ホーム | ベンツ語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/564-472be44a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)