FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

藤原得子

藤原得子(ふじわらのなりこ)略歴
【1117年~1160年】近衛天皇の生母。女御、皇后、女院。平清盛を招聘して平家台頭の足がかりをつくった国母。院号は美福門院(びふくもんいん)。藤原得子は1134年(長承3年)に鳥羽上皇に召し出され、白河法皇の死後は中宮の藤原璋子(たまこ)に代わって彼の寵愛を受けるようになった。自ら産んだ皇子が近衛天皇として即位したために国母となり、正式に鳥羽上皇の皇后となる。ところが、近衛天皇は17歳で夭折(ようせつ)してしまい、次代の天皇には崇徳上皇の子である重仁親王が即位するものと思われていた。しかし、近衛天皇の死の原因が崇徳上皇の一派による呪祖によるものという噂を信じた得子は彼らを恨み、かねてより崇徳上皇を忌み嫌っていた鳥羽上皇の意志も働いて、重仁親王ではなく雅仁(後白河天皇)が即位することとなる。この結果、崇徳上皇は大きな不満をもち、鳥羽上皇の死後まもなく保元の乱を起こす。鳥羽上皇は生前に乱の勃発を予想して、味方となる武士たちを書き残していたが、得子はさらに重仁親王の乳母子であった平清盛をも味方に誘い込んで自勢力の戦力を強化。その結果、乱は後白河天皇方の勝利で幕を閉じた。


関連サイト
平清盛関連資料一覧
http://bit.ly/zfxOTL
平清盛の妻
http://bit.ly/xoh4KH
清盛と時子
http://bit.ly/GE2JTT
スポンサーサイト



  1. 2012/03/03(土) 01:47:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<得子(美福門院) | ホーム | 待賢門院>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/541-1e08aeeb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)