FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

安藤楢六語録

安藤楢六(小田急電鉄元社長)語録全1件



「神でも仏でも摂理でもいい、人間を超える大いなる存在を信じ敬うこと、と同時に人間に対して狭い了見でなく、慈悲、仁愛の心を持つこと。その中から何かが生まれてくる。『敬天愛人』の精神でいきたいものである」
注釈:昭和23年12月、産業界は敗戦の痛手からまだ立ち上がれずにいた時期のこと。安藤(当時48歳)は東急電鉄から分離独立したばかりの新生・小田急電鉄の社長に就任したが、経営状態は最悪で前途多難であった。安藤は自身の人生哲学である『敬天愛人の精神』を基本とする経営方針を打ち出し、経営の近代化を推進した。




関連サイト
偉人のエピソード逸話集 
http://bit.ly/xlkcNu


安藤楢六(あんどうならろく)経歴(プロフィール)
1900年~1984年(明治33年~昭和59年)小田急電鉄元社長。大分県生まれ。東京帝国大学法学部卒。小田原急行鉄道(現・小田急電鉄)入社。昭和23年、小田急電鉄社長。経営近代化路線を推進し、箱根登山鉄道への乗り入れなど箱根の観光開発にも尽力した。昭和44年、会長。民鉄協会会長などを歴任。83歳で没。
スポンサーサイト



  1. 2012/02/10(金) 19:16:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大川博語録 | ホーム | 赤司俊雄語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/486-e89c7186
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)