fc2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4025。収録語録数22227(2021年8月11日現在)

鈴置高史語録

鈴置高史の名言・語録10件
(ジャーナリスト)


「冷戦終結後、韓国はソ連、中国と国交を結んだ。仇敵、北朝鮮の後ろ盾を奪うのが主な目的だったので、韓国は中ソとの関係を極めて大事にした」


「中国が韓国の仮想敵国ではなくなったとしても、韓国が北朝鮮と敵対する間は米韓同盟に意味はあった。しかし、2000年6月に史上初めて南北首脳会談が開かれて以降、韓国人の多くは北朝鮮を敵とは考えなくなった。それどころか、米国への憎しみを募らせていった」


「21世紀に入った頃、韓国の指導層の人々に『傲慢な中国の傘下に戻るつもりか』と聞いて歩いた。すると判で押したように返ってきたのが『少数民族の王朝とは対立したが、漢民族とはうまくやってきた』という答えだった」


「確かに元や清と比べれば、漢民族王朝の宋(960━1279年)や明(1368━1644年)との関係は穏やかなものだった」


「元や清からいじめられたのは、少数民族が野蛮だったからではない。朝鮮半島の王朝が少数民族を見下していたからこそ、元や清という王朝が成立した時に復讐されたのである」


「朝鮮の人々にとって『中国大陸の次の覇者が誰になるか常に見定め、いち早く朝貢することが生き残りの道』なのだ。それは半島側の王朝・政権が変わろうと、不変の真理である」


「専門家とは利害関係者の別名である。国益よりも、自分や属する組織の利益を優先しがちだ。そのうえ情報をもっともコントロールできる人たちでもある。専門家は専門家だからこそ本当のことを言わないのだ」


「法曹関係者はともかく、普通の韓国人は『起訴状』に何と書かれているかなどは気にしない。『法律などに関係なく、不愉快な奴をよってたかってやっつける』のが韓国の裁判だ」


「2014年に起きた産経新聞事件がそうだった。朴槿恵政権は保守団体を使い、産経新聞の記者を名誉毀損罪で起訴させた。産経が引用した朝鮮日報は全くおとがめなしだった」


「韓国を脱出する韓国人がいる。『いつまでたっても大人にならない自分の国に将来はない』と見切った人たちだ」 


【出典】『米韓同盟消滅』


【感想・論評・補足】
韓国の専門家、鈴置氏の著書を読むと近い将来、韓国が中国に従属する道を選ぶことは間違いないだろう。米韓同盟は消滅し、在韓米軍はいなくなる。韓国は大事な隣国だからといって引き止めても無理だ。もういい加減、目を覚まさなければならない。


経歴(プロフィール)
■鈴置高史(すずおき・たかぶみ)
日本のジャーナリスト。韓国経済に詳しい韓国ウォッチャー。ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。日本経済新聞社でソウル特派員・香港特派員・経済解説部長・編集委員を務めた。1954年、愛知県で生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業
スポンサーサイト



  1. 2021/03/08(月) 15:58:29|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<井上久男語録 | ホーム | 真田幸光語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4417-459e7165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)