FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4017。収録語録数22170(2021年2月3日現在)

藤尾津与次語録

藤尾津与次の名言・語録3件
(松下電器の流通網を作りあげた男)


「その当時小売業者なり卸業者は、各自の判断で価格をつけて売るのが常識であったが、勢力のあるメーカーによっては『定価』といって、値段をつけて小売店に出している所もあった。しかし、『定価』というと何か値引きされるような印象を与える。そこで、販売業者における最も適正な利潤を含んだ価格であることを示そうということで、日本ではじめて、松下電器において『正価』ということが行われたのです」」
【注釈】その当時とは昭和7、8年頃


「すなわち、販売業者は絶対信用のある商品につけられた正価に対して、しっかりとした信念をもって、需要者に提供する。そうすれば、かけ引きなどに費やす無駄がはぶけ、一方需要者は値段に対する何のうたがいもなしに、マークを信用して、安心して買っていただくことができるわけで、このような正価販売こそ時代の要求に応じ、メーカー、卸売業者、小売業者、需要者の立場から、もっとも合理的な販売制度だったのです」


「しかし今の時代と違って、この当時としては、一部の大メーカーを除いて、メーカーが価格を定めるなどということは、やり得なかったことでした。当時の松下電器製作所が、たいして大きなメーカーでもなく、従って市場に対して勢力を持っているというものでもなかったにもかかわらず、業界の安定を目指して『正価販売』という改革を行ったことは、相当な決意と、販売制度の進んでいることを示すものであり、当時の業界発展の基礎を形成したということで、世間の注目を集めたのです」


【出典】『社史資料No1』


【感想・論評・補足】
松下幸之助が『正価販売』を断行したのは、メーカー、卸売業者、小売業者、需要者の立場から、安定的に電器製品を流通させるためのものであったことが分かる。しかし、戦後に流通革命を旗頭にスーパーマーケットを展開したダイエーの創業者、中内功と価格の決め方で衝突することになる。いわゆる松下電器とダイエーの30年戦争である。松下は共存共栄、業界全体の安定を考えたのに対して、中内は消費者、小売業者を第一に考えたため2人は最後まで和解することはなかった。結果的には、ダイエーは倒産する。業界全体の共存共栄を目指した松下の方が正しかったといえようか。


経歴(プロフィール)
■藤尾津与次
藤尾は松下電器の完璧な流通網をつくりあげた。松下電器の取締役、常務、専務を歴任した
スポンサーサイト



  1. 2021/01/05(火) 23:43:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<川上徹也語録 | ホーム | 大西宏(松下流通研修所代表)語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4411-39546fc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)