FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4002。収録語録数22105(2019年9月19日現在)

村橋勝子語録

村橋勝子 名言・語録9件
(社史の研究者)


「社史を調べて見てつくづく感じ入るのは、明治時代の企業家や、第2次世界大戦後の焼け跡から会社を興した人々の志の高さである」


「特に、明治期に創業した人々の多くは20代の若さであった。彼らは、国を近代化するため、人々が豊かで幸せになるために、事業を興している」


「私たちは、それらの人々の遺産で食いつなぎ、生きてきたのではないかとさえ思ってしまう」


「『本格社史』は、その会社に関心を持っている人が、より詳しい情報を求めてひもとくものであるから、会社の経営戦略・意志決定のプロセスとその結果がよくわかることが重要である」


「史料・文献によって事実の考証に正確を期し、資料性・記録性を重視して、会社の歩みを詳細かつ客観的に記述しなければならない」


「その社史がよい社史かどうかを見きわめるには『編集後記』を見るとよい」


「日本セメント『百年史』(1983年)の『あとがき』は、簡潔ながら方針、編集体制、社史の構成、スケジュールなどがわかりやすく書いてある。わずか3年で効率よく『百年史』を仕上げた様子が推察できる」 


「『三菱商事社史』(1986年)の『編集後記』は、5ページにわたって詳細に記してある。前半には社史の本質や同社の略史を、後半には、準備段階から始まって、社史編纂の具体的な方法やスケジュールを記してある。『社史は(個人ではなく)会社がつくるものである』という田中完三(元社長)の言葉を踏まえ、社の総力をあげて編纂した様子がよく伝わる」


「『朝日生命百年史』(1990年)の『あとがき』も、5ページにわたって編纂過程が詳細に記してある。特に、後世の批判に耐えうる経営史的社史を意図しつつ、社内で執筆したその方法や検討内容が、読者を圧倒する」


※出典『社史の研究』


経歴(プロフィール)
■村橋勝子(むらはし・かつこ)
日本の研究者。社史に関する研究では日本国内の第一人者。経済団体連合会(経団連)図書館部調査役、年史グループ長、情報メディアグループ長を歴任。(2001年~2012年)大妻女子大学非常勤講師を兼任
スポンサーサイト



  1. 2019/06/16(日) 23:32:46|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<坪内寿夫語録 | ホーム | 上阪徹語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4390-2854c67a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)