FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3993。収録語録数21033(2019年6月8日現在)

上阪徹語録

上阪徹 名言・語録7件
(ライター)


「これまで3000人以上の成功者たちにインタビューをしてきた経験から、私は仕事というものについて、ひとつの考えを持つに至っていた。『誰かの役に立つことを仕事という』」


「それが本来の姿である。ところが、その本来の目的を、仕事は逸脱してしまうことがある。会社のためや上司のため、自分のために仕事をしてしまったり」


「本来の仕事の目的は、誰か=顧客の役に立つことにある。もっといえば、広く社会の役に立つことだ」


「報酬を払ってくれる人であり、仕事を受け入れてくれる人に対して、正しい仕事ができるか。それこそが重要だということを、私は多くの成功者に取材で教わった」


「ビジネスをしている人は、誰でも成功したい、事業を伸ばしたいと思っている。しかし、ただ思っているだけでは、うまくいかない」


「うまくいっている人は、想像をはるかに超えたレベルで、思いを持ち、それを行動に落とし込んでいるのだ」


「誰かに語れるほどの思いやこだわりがあるかどうか。人が驚くほどのものになっているかどうか。成功するためには、それこそが問われるのだ。うまくいくには、きちんとそれなりの理由が必要なのである」


出典『成城石井はなぜ安くないのに選ばれるのか?』


経歴(プロフィール)
■上阪徹(うえさか・とおる)
日本のライター。1966年、兵庫県で生まれる。兵庫県立豊岡高校卒業。早稲田大学商学部卒業。アパレルメーカーのワールド、リクルート・グループなどを経て、1994年よりフリーランスに
スポンサーサイト
  1. 2019/06/12(水) 20:37:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<名言の王国 | ホーム | 牧尾英二語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4389-01e4184c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)