FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3998。収録語録数21087(2019年7月24日現在)

板垣英憲語録

板垣英憲 名言・語録8件
(ジャーナリスト)


「『損益分岐点』という言葉がある。利益と費用が一致し、利益も損失もない時点での売上高のことをいう」


「この分岐点をいかにして超えるかが、企業経営の基本であり、店主や経営者に課せられた最大の使命であるともいえる」


「商人にとって、在庫管理の上手・下手は死活問題に直結する。在庫を大量に抱えて売れなければ収益は悪化し、品切れが続けば、お客様を逃してしまい、収益を減らす。お客様のニーズをどう把握するか、市場動向からかたときも目を離せないのである」


「京都の商家では、かつて時の権力者から店の『間口の大きさ』に応じて税の多寡を決められた時代があり、間口を極力狭く、奥行きを深くして、税を多く徴収されないように知恵を使っていた」


「いまもその名残があり、信用のおける店であるかどうかは、店構えの大きさや見栄えだけでは決まらない。間口の狭い老舗の伝統に支えられた名品が売られている例は、少なくない。品の良し悪しは、見かけだけではわからないのである」


「日本で一番古い企業は『金剛組(こんごうぐみ)』である。飛鳥時代の578年、聖徳太子の命を受けて百済の国から招かれた3人の工匠の一人・金剛重光によって創業された。以来、四天王寺の宮大工として1400年以上の歴史を持っている。この伝統の上に近代的なコンクリート製の神社を建てている」


「A-Zという店名は、AからZまで何でも揃う店という社長の哲学に基づいている」


「昔の旅籠(はたご)では、お客様の履いている靴を見て、宿泊に応じるか、応じないかを判断していたという話も残っている」


※出典『松下幸之助「商売戦術30ヶ条」』


経歴(プロフィール)
■板垣英憲(いたがき・えいけん)
日本の政治評論家、ジャーナリスト。本名は「ひでのり」。1946年8月7日、広島県呉市で生まれる。中央大学法学部卒業。毎日新聞の記者となる。1985年、評論家として独立
スポンサーサイト



  1. 2019/05/17(金) 22:07:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<津村昭語録 | ホーム | 高橋仁語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4386-dcee542c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)