FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3998。収録語録数21087(2019年7月24日現在)

茅陽一語録

茅陽一(工学者)名言・語録4件


「一つの専門技術に集中してそこで大きな業績をあげるというより、グローバルな大きな目標に向けた総合的な仕事をただ遮二無二に進めてきた人生だった」


「父は物理が専門のせいか原子力には関心が深く、私が大学生になったころ、当時原子力に関心を寄せる代議士として有名だった中曽根康弘氏が突然自宅に父を訪ねてきたことがあった。たまたま私が応対に出たら彼が『お父上はおられるか』と尋ね、私が『はい』と答えたところ、何と低い垣根をひとまたぎにし、そのままずかずか家に入ってきて父と話しあっていたことをよく覚えている」


「学生の中でひときわ論のたつ学生がいた。彼はただ反対という形ではなく、具体的な学生側の対応案を示すなど、かなり建設的な側面があったため記憶に強く残った。紛争後数年して彼の就職した企業に学生を見学に連れていったとき、彼が企業側の案内係として先頭にたって積極的に技術を紹介してくれた。やはり前向きの行動派だったのだなとうれしい思いをしたものだ。その彼が現在の経団連会長の中西宏明氏(日立製作所会長)である」
注釈:1968年から翌年にかけての東大紛争。茅は東大の若手教官だった。中西氏は東大生の頃からリーダーシップがあったようだ


「今でも会合などでときどき彼(中西宏明)と顔をあわすが、その発言は全体の議論のまとめに有効と考えられるものが多く、若いときから指導者となる性格があったな、とあらためて感ずる」


※出典『日経新聞(私の履歴書)』


経歴(プロフィール)
■茅陽一(かや・よういち)
日本の研究者。工学者。東京大学名誉教授。地球環境産業技術研究機構理事長。日本における地球温暖化問題の第一人者である。1934年5月18日生まれ。北海道出身。東京大学工学部電気工学科卒業。東京大学大学院博士課程修了
スポンサーサイト



  1. 2018/12/09(日) 20:56:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<石原邦夫語録 | ホーム | 磯山友幸>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4370-496d2f6c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)