FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22107(2020年4月17日現在)

木曽義仲語録

木曽義仲(源義仲)語録全1件



「頼朝は東国の武士たちを味方につけて東海道から攻め上がり、平家を討とうとしているという。私はこの信濃から東山道、北陸道を使って北から平家を攻めようと思う。そして一刻も早く平家を討伐し、頼朝とともに日本にふたりの将軍ありと、存在を示したい」
注釈:源頼朝の平家討伐へ向けての挙兵を耳にし、同調した義仲は、育ての親である中原兼遠(かねとう)に挙兵へ向けての決意を上のように述べた。この言葉を受けた兼遠は、いたく感激して、「そのために、ここまで義仲殿を育ててまいりました」と答えたという。



関連サイト
源頼朝語録
http://p.tl/lUb7


木曽義仲(きそよしなか)略歴
【1154年~1184年】日の出の勢いで平家を追い落とした旭将軍。平安時代末期の信濃源氏の武将。河内源氏の一族、源義賢の次男。源頼朝・義経とは従兄弟にあたる。以仁王の令旨によって挙兵、都から逃れたその遺児を北陸宮として擁護し、倶利伽羅峠の戦いで平氏の大軍を破って上洛する。連年の飢饉と平氏の狼藉によって荒廃した都の治安回復を期待されたが、治安維持の失敗と大軍が都に居座ったことによる食糧事情の悪化、皇位継承への介入などにより後白河法皇と不和となる。法住寺合戦に及んで法皇と後鳥羽天皇を幽閉して征東大将軍となるが、源頼朝が送った源範頼・義経の軍勢により、粟津の戦いで討たれた。
スポンサーサイト



  1. 2012/01/27(金) 06:50:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木曽義仲 | ホーム | 近衛文麿語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/437-d34a3b0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)