FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3971。収録語録数21867(2018年9月6日現在)

磯山友幸

磯山友幸 名言・語録9件
(経済ジャーナリスト)


「少子化の影響もあって、人手不足は深刻さを増している。東京オリンピック・パラリンピックに向けて景気が過熱すれば、さらに人手不足に拍車がかかるのは間違いない」


「企業にとっても、働き手にとっても、『働き方改革』が重要になる。今までの仕事の仕方を劇的に変えなければ長時間労働に拍車がかかり、過労死寸前まで働かざるを得なくなる」


「日本の運輸サービスは恐らく世界一利便性が高いし、小売店の営業時間は長く、飲食店のコストパフォーマンスも世界一高い」


「旅館やホテルも快適だが、価格は世界的に見ても驚くほど低価格だ。消費者にとっては何ともありがたい『価格破壊』が起きた業種である」


「こうした業界ではデフレ経済に対応するために企業努力によって価格が大きく下げられた。だが、その企業努力のしわ寄せは最終的にサービスを提供する働き手の過重労働へとつながっていった」


「『一生同じ会社で働く』ことは前提ではない」


「最も大きく変わるのが『ホワイトカラー』『会社員』と呼ばれる人たちの仕事の仕方だろう。9時に出社して18時まで同じ場所に全員が集まって働くスタイルは、19世紀以降の『工場労働』を前提とした働き方だった」


「今、それが急速な勢いで見直されている。『いつでもどこでも』働ける仕組みや、労働時間ではなく成果で評価される仕組みにシンパシーを覚える働き手が急速に増えている」


「仕事の中身自体が『決まった時間内に、決まった分量の作業をこなす』ものが激減し、よりクリエイティブな作業が増えているのだ」


※出典『2022年、「働き方」はこうなる』


経歴(プロフィール)
■磯山友幸(いそやま・ともゆき)
日本の経済ジャーナリスト。経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍。1962年、東京で生まれる。早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務める。2011年3月末で退社、独立
スポンサーサイト
  1. 2018/11/20(火) 21:53:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<茅陽一語録 | ホーム | 本田宗一郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4369-ac445858
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)