FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3971。収録語録数21867(2018年9月6日現在)

西野朗語録

西野朗(サッカー)語録12件


「国際舞台は自分の限界を見極める場所ではないし、あくまでもプロセス」


「僕は勝だけでは気に食わない」


「サッカーは判断スポーツ」


「そのうち入る3点目はなんて無い!」


「3点とられても4点とって勝つ」


「常に柔軟に物事を決断していく力を持たなければいけない」


「継続していく力だけでは駄目で、変化させていくことが必要」


「個性ってその選手にしかないものだから、それを見抜いてどう引き出すか」


「代表チームはクラブの監督と違う」


「殴られたら殴り返すスタンスではなく一方的に殴り続けたい。奇麗な顔で終わりたい」


「当然、攻撃的な思考で得点を生んでいくゲーム展開にはしたいが、それだけではない。ウィークポイント、ストロングポイントがどこにあるか。それを考えたうえで、できれば攻撃的にいきたい」


「私は新人の監督ではありませんし、これまでにも色々な経験をしています。そのうえでグランパスの歴史を踏まえ、新しいサッカーを構築したいと思っています」


経歴(プロフィール)
■西野朗(にしの・あきら)
日本のサッカー選手、サッカー指導者。1955年4月7日生まれ。埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。現役時代の主なポジションはミッドフィールダー(MF)。FIFAワールドカップロシア大会で日本代表を率いた。Jリーグ。著書『勝利のルーティーン 常勝軍団を作る、「習慣化」のチームマネジメント』『挑戦―ブラジルを破るまでの軌跡』
スポンサーサイト
  1. 2018/06/24(日) 21:35:15|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西村康稔語録 | ホーム | 渡邊祐介語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4346-659b0c02
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)