名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20317(2017年1月21日現在)

三木武夫語録

三木武夫内閣総理大臣(第66代)語録全2件


「青天の霹靂(へきれき)だ。予想だにしなかった」
注釈:金脈問題で首相が退陣し、後継総裁選びは椎名副総裁に一任された。そして1974年12月1日、自民党本部総裁室で椎名副総裁が新総裁に三木武夫を推薦した。いわゆる椎名裁定といわれるもので、少数派閥の領袖である三木はまさか自分が総裁に選ばれるとは思わなかったので上の言葉を語り受諾する。


「政治家は一般人と違い、大きな権力や国民が知ることのできない情報を持っている。それを利用して金儲けをしたのでは、国民は、額に汗して真面目に働く気を失う。そして、国は滅びる」



関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx


三木武夫(みきたけお)経歴(プロフィール)
1907年~1988年(明治40年~昭和63年)内閣総理大臣(第66代)、衆議院議員(19期)。徳島県板野郡御所村吉田(現・阿波市)に農業のかたわら肥料商を営む父・三木久吉の長男として生まれる。明治大学法科卒業。昭和12年、衆議院議員総選挙に立候補し、初当選。衆議院議員(19期)。逓信大臣、運輸大臣、経済企画庁長官、科学技術庁長官、通産大臣、外務大臣、国務大臣、環境庁長官などを歴任。昭和49年、首相となりロッキード事件究明をはかるが、昭和51年退陣。81歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/26(木) 16:27:35|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平沼騏一郎語録 | ホーム | 片山哲語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/434-b246acb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)