名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3922。収録語録数21193(2017年10月14日現在)

谷口吉生語録

谷口吉生(建築家)語録11件


「建築の設計は個人の創造力によるものであるが、建築家一人で実現はできず、技術コンサルタント、私の研究所のスタッフ、そして現場での多くの施工担当者との協働が不可欠である」


「こうした人々に支えられながら、ひたすら建築を造り続けてこられた」


「建築は工学と美学の結晶であり、大勢の人と共に作りあげる芸術でもある」


「ハーバードのあるケンブリッジや隣接するボストンは知識人が集まるリベラルな町。夏期講習に通ったコロンビア大があるニューヨークはまさに異なる人種の混合」


「東京大学本郷キャンパスの7号館。米国から帰国した私は1965年、工学部都市工学科教授の丹下健三先生を訪ね、研究室に入れていただいた」


「日本と米国で8年間を大学で過ごし、再び大学に戻ることにはためらいもあった」


「しかし、当時の大学院はプロフェッショナル集団で、とりわけ丹下研究室は東京五輪で代々木の体育館を設計、後に大阪万博の計画をするなど国家的プロジェクトに参加していた」


「共産主義下の旧ユーゴでは労働時間や業務上の指示系統も厳密に決められていて、鉛筆一本まで管理される」


「ところがデスクの上の丹下さんのスケッチだけはよく行方不明になった。丹下健三の名声はこの国にも届いていたのだ」


「徹夜になることも度々あったが、建築に没頭し始めた私はまるで苦痛に感じなかった」


「彫刻家は彫刻そのものを作っているのではない。彫刻を置くことで『場所』を『空間』へと変えるのだ」


経歴(プロフィール)
■谷口吉生(たにぐち・よしお)
日本の建築家。東京藝術大学客員教授。日本建築学会賞作品賞2度、吉田五十八賞、高松宮殿下記念世界文化賞など多数受賞。1937年10月17日生まれ。東京都出身。慶應義塾大学工学部機械工学科卒業。ハーバード大学建築学科大学院修了。1965年~1974年、東京大学都市工学科丹下健三研究室および丹下健三都市・建築研究所
スポンサーサイト
  1. 2017/06/09(金) 21:12:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小林一博語録 | ホーム | 高橋愛子語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4285-a5c4fea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)