名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3909。収録語録数20985(2017年7月18日現在)

村山富市語録

村山富市内閣総理大臣(第81代)語録全1件



「私としては専守防衛に徹し、自衛のための必要最小限の実力組織である自衛隊は、憲法の認めるものであると認識するものであります」
注釈:1994年7月20日の衆院本会議での代表質問に対する答弁。社会党の村山委員長は、日米安保条約を堅持し、日の丸・君が代も国旗・国歌としても容認するという政策の大転換を、首相就任を機に一気に実現してしまった。




関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx


村山富市(むらやまとみいち)経歴(プロフィール)
1924年~(大正13年~)内閣総理大臣(第81代)。政治家。日本社会党委員長(13代)。社会民主党党首(初代)。大分県大分市の漁師の家に11人兄弟の6男として生まれた。明治大学専門部政経科卒。大分県大分市議会議員(2期)、大分県議会議員(3期)、衆議院議員(8期)、日本社会党委員長(13代)、内閣総理大臣(81代)、社会民主党党首(初代)、社会民主党特別代表(初代)などを歴任した。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/25(水) 00:27:24|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田中角栄語録集(日中国交正常化編) | ホーム | 東條英機語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/428-f9692580
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)