名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3891。収録語録数20784(2017年4月23日現在)

金栗四三語録

金栗四三(マラソンの父)語録12件


「体力、気力、努力」
■注釈:金栗の墓碑に刻まれている言葉


「とても暑い日でした。折り返し地点を回ってから、復路の途中で私は意識を失い倒れたのを、近くの人たちが助けてくれたのです」
■注釈:日本人初のオリンピック選手として、第5回ストックホルム大会に出場した金栗であったが、レース途中で倒れゴールすることが出来なかった


「長い道のりでした。この間に嫁をめとり、子供6人と孫が10人できました」
■注釈:第5回ストックホルム大会(1912年)に金栗は出場したが、レース途中で倒れた。それから55年後にストックホルムに呼ばれ金栗はゴールインした。そして会場にアナウンスが流れた「日本の金栗四三選手、ただいまゴールインしました。タイム、54年と8ヶ月6日5時間32分20秒3」。そしてさらに「これをもちまして、第5回ストックホルム・オリンピック大会の全日程を終了致します」会場は拍手に包まれた。「ゴール」した後の金栗のコメントが上の名言である。会場は大きな笑顔とより大きな拍手に包まれた


「振り返ってみてよい経験をした。マラソンというのは耐久力ばかりではだめだ。スピードもいる」


「練習は細心に、競走は大胆に」


「規則正しき生活をなせ」


「感情の昂奮を抑へ、精神の平静を保て」


「全身の強健を計り忍耐力を養え」


「酒、煙草の類は必ず厳禁せよ」


「1912年のマラソンに失敗してからは、次のベルリン・オリンピックで仕返しをしようと、懸命に頑張りました。厳しい練習を重ねました。しかし、戦争のため大会は中止。あと2回のオリンピックに挑戦したが思ったような成績が出せず、とても残念でした」
■注釈:金栗はオリンピックでは、満足の行く結果を出せなかったが、その後、指導者として花を開かせた


「人は一生走る楽しみを忘れんよう、走りんしゃい」


「私は、オリンピックで、ついに優勝ばできんかったとじゃ。ばってん、あの第5回ストックホルムの大会に出場したオリンピック選手は、みな、亡くなってわし一人になったとじゃ、長生き競争には、わしが一番たい。はっはは」
■注釈:金栗は92歳の時に入院する。教え子が、ぞくぞくとお見舞いに来たが、このように笑い飛ばした


※参考文献
『箱根駅伝に賭けた夢 消えたオリンピック走者』
『マラソンの父・金栗四三 走ったぞ!地球25万キロ』


経歴(プロフィール)
■金栗四三(かなぐり・しそう)
【1891年~1983年】日本における「マラソンの父」と称される。マラソン足袋で当時の世界記録を出し、短距離の三島弥彦と共に日本人初のオリンピック選手となった。熊本県出身
スポンサーサイト
  1. 2017/04/13(木) 21:58:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐山和夫語録 | ホーム | 宋光彦語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4268-5398a10e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)