名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3899。収録語録数20893(2017年5月29日現在)

アーサー・ウェイリー語録

アーサー・ウェイリー語録1件
(イギリスの東洋学者)


「歴史の上で非常に不思議なことは、9世紀の日本に世界で初めての本格的小説が生まれ、あれだけの文学の花が咲いたのに、その後の中国の文学がそれによって何ら影響を受けていないことだ。隣同士の国はかえってお互いに知らないこともあり得る」

出典『隣の国で考えたこと』著者:岡崎久彦

■注釈
アーサー・ウェイリー卿は、『源氏物語』を初めて欧米に紹介した人物として知られる。ウェイリーの訳は抄訳版であり、欧米人に理解しやすいよう原書にない説明を入れるなどの工夫をした

岡崎久彦(外交官・タイ大使)がケンブリッジ大学にいた頃に、そんなアーサー・ウェイリー卿と食事をする機会があり、上記のことを言われたという

しかし岡崎はあえて、その場で反論はしなかったが、ウェイリーの考えが誤りであることを知っていたという。岡崎によれば中華思想を持つ中国の文人が、日本語で書かれた文章などは、とたえ翻訳本があったとしても読まないことは自明のことであるという

岡崎が外交官となり、ケンブリッジに留学していたのは、敗戦後まもなく、まだ20代の時である。20代でウェイリー卿に反論できるぐらいの見識を持っていたことにあっぱれである

岡崎は、オックスフォード大学にも、ケンブリッジに『物凄い、優秀な日本人がいる』と噂されるほどの、秀才、勉強家であったという


経歴(プロフィール)
■アーサー・デイヴィッド・ウェイリー
【1889年~1966年】イギリスの東洋学者。日本の『源氏物語』を初めて欧米に紹介したことで知られる。イングランドケント州タンブリッジウェルズに生まれる。生家はロスチャイルド家に連なるユダヤ人の名門。ケンブリッジ大学キングズコレッジに入学。古典学を専攻し、1910年に優秀な成績で卒業した
スポンサーサイト
  1. 2017/03/12(日) 21:56:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<佐藤勝巳語録 | ホーム | 石川正俊語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4255-eea47019
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)