名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20317(2017年1月21日現在)

岡田啓介語録

岡田啓介内閣総理大臣(第31代)語録全2件


「いくら激している者にも常識はあるんだからね。そこを相手にする。狂人だったら別だ。ただ逃げろ。これがわたしの兵法だ」
注釈:2.26事件で岡田は義弟の松尾伝蔵が身代わりとなり、自身は押入れに隠れた。相手は狂信的と見て、相手にしなかったことで命が助かった。


「総理大臣になると、見えなくなるものが三つある」
注釈:岡田がいう三つとは「お金」「人間」「国民」。



関連サイト
歴代総理大臣語録一覧
http://bit.ly/wBersx


岡田啓介(おかだけいすけ)経歴(プロフィール)
1868年~1952年(明治元年~昭和27年)内閣総理大臣(第31代)、海軍大将、政治家。福井藩士の長男として生まれる。現・福井県福井市出身。海軍大学校卒。職業軍人として、日清、日露の両戦争に従軍し、大正13年、海軍大将に昇進、その2年後には連合艦隊指令長官に就任。海軍大臣、首相などを歴任。国内で軍国主義が台頭する中で、昭和11年2月、2.26事件に遭遇したが、秘書官の松尾伝蔵大佐が身代わりとなって死亡し、岡田首相は危うく難を逃れた。その後太平洋戦争の末期には、和平工作に尽力した。84歳で没。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/23(月) 07:01:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<加藤高明語録 | ホーム | 鈴木貫太郎語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/423-39ded407
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)