名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3891。収録語録数20784(2017年4月23日現在)

井上恵理菜語録

井上恵理菜(日本総研)語録2件


「トランプ氏の主張には問題点も多い。保護主義の通商政策は、相手国が報復措置をとる可能性がある。「米国にとっては、輸出が減少し、輸出企業の業績が悪化して米国内の投資が落ち込む。輸入品の価格は上昇し、国内の物価が上がるリスクがある」


「米国の生産年齢人口は、移民が流入しなければ減少に向かう状況にある。トランプ氏が移民を排斥する動きを強めれば、働き手が減り、米国の成長率を下げる要因となる」


出典『日経新聞(2017年1月13日)』


■注釈
保護主義の通商政策は、経済の停滞につながると主張する専門家がいる一方、フランスの有名な人口学者、エマニュエル・トッドのように、「合理的な保護主義は貿易を活発にする」と主張する専門家もいる。研究者の意見ほど両極端に分かれるものはないと言われるが、いったいどっちの主張がが正しいのだろうか

また、アメリカは移民を受け入れることで経済成長した国である。トランプは移民の弊害のことしか発言をしないが、井上の指摘する通り働き手が減り、米国の成長率を下げる要因ともなりうる。そのことを分かっているのだろうか?国の舵取りは会社の経営とは違う。舵取りを間違うと、国が滅ぶリスクがある。そのことを肝に銘じてほしいものだ 



経歴(プロフィール)
■井上恵理菜(いのうえ・りえこ)
日本総合研究所調査部マクロ経済研究センター研究員。専門は米国経済。年齢28歳(2017年1月13日現在)。2011年3月、慶應義塾大学経済学部卒業。2011年4月、株式会社日本総合研究所入社 調査部
スポンサーサイト
  1. 2017/01/13(金) 09:57:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<胡耀邦語録 | ホーム | エマニュエル・トッド語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4224-9516a012
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)