名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3909。収録語録数20985(2017年7月18日現在)

ランベルト・ディーニ語録

ディーニ(イタリア75代首相)語録8件


「『経済成長は万病を癒す』という言葉がある」


「ポピュリズムは経済が低迷し、雇用が奪われたときに出現するもの。支配階級への不満表明であり、反乱でもある」

注釈:政治に国民が無関心な時は平和な時。国民が政治に注目するのは世の中が悪い時ともいえよう


「ポピュリズムは体制批判が存在理由なので権力を握れば変節するか、立ち往生する可能性が大きい」

注釈:変節しても国民に真に大切な政策を実行してくれるのであればそれで良いのではなかろうか


「リーダーが訴えていることが本当に国に活力を与えて国際競争力を高めるのか。どの程度の現実性がある内容なのか。有権者はしっかりと見極める必要がある」

注釈:つまるところ国のありようは、国民の質、レベルで決まるともいえよう


「当時、財政赤字に苦しむイタリアはユーロ第1陣に参加する道筋が危ぶまれていた。国民が嫌がる年金改革を私はどう実現したか?ユーロ加盟に乗り遅れたら不利益は甚大だという大義を説明したのだ。5カ月かけて労組幹部と十数回も秘密交渉を重ねて合意をなんとか取り付けた」

注釈:国民にとって耳の痛い政策でも、「あの人が言っているのだから必要なのだろう」と思わせる教養や知識、人格が政治家に備わっていなければ、国民の嫌がる政策を説得し実行することは難しいだろう


「良薬は口に苦し。国民に犠牲を迫る政策が必要な場合もある」

注釈:政治家は国民の目先の利益の対策ばかりやりたがるが、ディーニ首相のような考えの政治家も日本でもっと増えて欲しいものだ


「ポピュリズムに流されなければ実務家内閣はひとつの対処法」

注釈:その国の民度が試されるともいえよう


「不満層を扇動するだけでは問題は絶対に解決しない」

注釈:目先の利益にとらわれない。これがディーニ首相の政治信条といえよう


※語録の出典:『日本経済新聞(2016年12月4日)』


ランベルト・ディーニ経歴(プロフィール)
イタリアの政治家。第75代首相。上院議員(2期)。下院議員(1期)、外相、法相、国庫相、国際通貨基金理事、イタリア銀行副総裁を歴任。1931年3月1日生まれ。トスカーナ州フィレンツェ県フィレンツェ出身
スポンサーサイト
  1. 2016/12/22(木) 19:38:10|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<錦戸亮語録 | ホーム | 渋谷すばる語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4200-541af4cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)