名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3918。収録語録数21123(2017年9月21日現在)

エルヴィン・フォン・ベルツ語録

ベルツ(ドイツ帝国の医師)語録1件


「父に対する義務以上に強調されるのが忠義である。子供は母に添乳をしてもらいながら君主の名誉のために一身を犠牲に供した男女の物語をきかされる。こうした物語は一つの宗教であり、そして、自分の家系からそうした人を出した時、それについて語られると云うことはあらゆる家庭の誇りであり、名誉なのである。特に武士の子供は、自分の生命は自分自身のものでないという考えによって育てられる」
出典『死と日本人』



エルヴィン・フォン・ベルツ経歴(プロフィール)
【1849年~1913年】ドイツ帝国の医師で、明治時代に日本に招かれたお雇い外国人のひとり。滞日は29年に及ぶ。長年にわたり医学を教え、医学界の発展に尽くした。1849年1月13日、ヴュルテンベルク王国のビーティヒハイム・ビッシンゲンで生まれた。1905年、勲一等旭日大綬章を受章。64歳で死去。著書『ベルツの日記(上下)』『死と日本人』など
スポンサーサイト
  1. 2016/12/07(水) 05:48:45|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<田中光顕語録 | ホーム | 後藤又兵衛語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4185-b2573005
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)