FC2ブログ

名言・語録・格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数4003。収録語録数22109(2020年11月2日現在)

平徳子

平徳子(たいらの・とくこ)略歴
【1155年~1214年】平清盛と継室の時子のあいだに生れた三女が平徳子。高倉天皇の中宮となり第一皇子の言仁(ときひと)親王・安徳天皇を産んだ。これは清盛と後白河法皇との政治的協調のためとされ、徳子に寄せられた橋渡し役としての期待がうかがえる。しかし清盛は後にクーデターを断行する。後白河法皇を幽閉すると高倉天皇は言仁(安徳天皇)に譲位し院政を開始した。それによって徳子の存在も政治的に大きく絡むようになった。なお、徳子は「建礼門院(けんれいもんいん)」の院号でも知られるが、これは清盛の没後に宣下(せんげ)を受けたものである。

木曽義仲に追い込まれた平家が京の防衛を断念すると、徳子は平宗盛に連れられて都落ちを敢行。壇ノ浦の合戦で安徳と時子のあとを追って自らも海に飛び込んだが、源氏方の摂津渡辺党(せっつわたなべとう)に命を救われた。京に護送されたのち、京都・長楽寺で出家する。そして京都市左京区大原にある寂光院(じゃっこういん)で安徳と平家一門の菩提を弔いながら余生を過ごした。


関連サイト
平氏人物一覧
http://bit.ly/z51A7y
平清盛関連資料一覧
http://bit.ly/zfxOTL
スポンサーサイト



  1. 2012/01/21(土) 21:02:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<平清盛の妻 | ホーム | 平滋子>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/418-c32a96fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)