名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3922。収録語録数21193(2017年10月14日現在)

高浜虚子語録

高浜虚子(俳人)語録5件


「春風や闘志抱きて丘に立つ」


「虹を見て 思ひ思ひに 美しき」


「波音の由井ガ濱より初電車」


「吾も亦紅なりとひそやかに」


「去年今年貫く棒の如きもの」


高浜虚子(たかはま・きょし)経歴(プロフィール)
【1874年~1959年】明治・昭和期の俳人・小説家。本名は高浜清(たかはま・きよし)。ホトトギスの理念となる「客観写生」「花鳥諷詠」を提唱したことで知られる。愛媛県温泉郡長町新町(現・松山市湊町)で生まれる。京都の第三高等学校(現在の京都大学総合人間学部)に進学。仙台の第二高等学校(後の東北大学教養部)に転入するも中退。小説集:『虹』『柿二つ』『鶏頭』『俳諧師』。句集:『五百句』『虚子句集』『六百句』『七百五十句』『虚子俳話』『句日記』。虚子の作品は2009年12月31日に著作権が消滅し、2010年1月1日よりパブリックドメインに入った
スポンサーサイト
  1. 2016/11/12(土) 05:49:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<瀧内賢語録 | ホーム | 坂野通夫語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4136-38c1124e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)