名言格言

名言の王国へようこそ

                            【人名検索】調べたい人名で検索できます。収録人数3848。収録語録数20308(2017年1月19日現在)

二上達也語録

二上達也(将棋棋士)語録2件


「ここは師匠の意地を見せてやろうと気合を入れたが、結果は私の完敗だった。このとき引退を決意した」
注釈:弟子の羽生善治と初対戦で完敗し、決断した


「若手・中堅の棋士たちが将棋研究に打ち込む熱心さをもう少し将棋普及のためにも積極的に向けてもらえればいいのですが」



二上達也(ふたかみ・たつや)経歴(プロフィール)
【1932年~2016年】将棋棋士。渡辺東一名誉九段門下で棋士番号は57。タイトル獲得通算5期。1990年引退。1989年から2002年にかけて日本将棋連盟会長を務めた。1932年1月2日、北海道函館市で生まれる。1950年4月、奨励会に二段で入会。11月に18歳で四段昇段(プロ入り)。若いときには「函館の天才」と呼ばれた。また、その容姿から、「北海の美剣士」とも呼ばれた。棋風は居飛車の攻め将棋。相掛かりガッチャン銀戦法は二上定跡として有名である。二上は詰将棋作家でもあり、処女作品集「将棋魔法陣」等を出版している。通算成績:856勝 752敗
スポンサーサイト
  1. 2016/11/04(金) 20:18:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<中澤誠語録 | ホーム | 平岩弓枝語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4127-5e485ec9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)