名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3815 収録語録数20084 (2016年12月4日現在)

本庶佑語録

本庶佑(京都大学客員教授)語録4件



「少なくとも、メディアで少々叩かれたくらいで引っ込むようでは、先の道筋はつけられません」


「超高齢化社会というのは、世界中で日本が最初に経験する特異な社会です。逆に言うと、それは新しいビジネスチャンスになる」


「科学技術というのは一般に問題を見つけるのが一番難しい。問題を現実的にアプローチ可能な課題として提示できれば、答えは半分以上出たようなもの」


「この賞に選ばれましたことは誠に光栄なことと存じます。ありがとうございます。わたしたちの研究がガン治療に役立ち人の命を救えたという事が何よりの喜びです」
注釈:2016年、「トムソン・ロイター引用栄誉賞」を受賞してのコメント



本庶佑(ほんじょ・たすく)経歴(プロフィール)
日本の医師、医学者。京都大学客員教授。1942年1月27日、京都府京都市にて生まれる。山口県立宇部高等学校卒業。京都大学医学部医学科卒業。東京大学医学部助手、大阪大学医学部教授、京都大学医学部教授、京都大学大学院医学研究科教授、京都大学大学院医学研究科研究科長、京都大学医学部学部長、内閣府総合科学技術会議議員などを歴任した
スポンサーサイト
  1. 2016/10/01(土) 23:11:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<飯村久美語録 | ホーム | 樋口久子語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4074-f70f5deb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)