名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

天野八郎語録

天野八郎(彰義隊)語録1件



「男なら決して横にそれず、ただ前進あるのみ」
注釈:将棋の駒では前にしか進まない香車を好んだという



天野八郎(あまの・はちろう)経歴(プロフィール)
【1831年~1868年】江戸時代後期、幕末期の幕臣。改名:大井田林太郎→広浜忠告→天野八郎。1868年、京都において戊辰戦争の緒戦である鳥羽・伏見の戦いで幕府軍が敗れ、江戸城では幕臣の間で恭順派と抗戦派が対立する。八郎は再起を目指す幕府急進派の一員となり、渋沢成一郎が結成した彰義隊の副頭取となった。上野戦争において新政府軍に敗れ、市中に潜んで再起を図ったが、密告で捕われ、獄中生活五か月余で病没。墓所は東京都荒川区の円通寺(他の彰義隊士の墓、上野寛永寺黒門等 彰義隊に因む寺)。村民間の争いを仲裁したエピソードなどがある。「男なら決して横にそれず、ただ前進あるのみ」と言って将棋の駒の香車を好んだという
スポンサーサイト
  1. 2016/09/27(火) 21:04:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<武井壮語録 | ホーム | 栗山英樹語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4067-7d73f848
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)