名言格言

名言の王国へようこそ

【人名検索】調べたい人名の一部もしくはキーワードで検索できます。収録人数3821 収録語録数20108 (2016年12月6日現在)

邑井操語録

邑井操(昭和時代後期の評論家)語録1件



「人間関係はこちらの出方次第。あたかも鏡の前に立つようなもの。こちらが笑えば向こうも笑う。こちらがしかめっ面をすれば相手も渋面になる」



邑井操(むらい・みさお)経歴(プロフィール)
【1912年~1996年】昭和時代後期の評論家。本名は川村義太郎。明治45年2月1日、東京の神田で生まれる。日大中退。2度応召して、シベリアに抑留され、昭和22年帰国。引き揚げ促進運動につくす。昭和27年、4代邑井貞吉(ていきち)に入門して講談師となり、斬新な演目で注目される。のち企業組織内の人間関係を中心に講演・評論活動をおこなった。平成8年6月17日死去。84歳。<主な著書>『伸びる男はどこが違うか』、『説得力101の法則』、『男の値打ちは何で決まるか』、『この人の心をつかむ』など、著書63冊を数える
スポンサーサイト
  1. 2016/09/19(月) 09:50:57|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<辻井伸行語録 | ホーム | 栗城史多語録>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://meigennooukoku.net/tb.php/4048-248e8334
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)